カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. パパ準備と超節約
パパの準備

[41w]パパ準備と超節約 [妊娠・出産の体験談]

1029人に読まれました
2015-08-05 09:11
パパの意識付けと、買わなくて済んだもの(作ったもの)について。
  • 育メンなパパになるまで

     パパママ学級には一緒に行ったり、なるべく検診について来てもらって、何センチになったねとか、手足ができたね、何ていう話をしました。土曜日でもやっている病院でよかったです。さすがに毎回は来れないのでその時もお腹の中のエコー写真を見せて話をしました。一緒に名前を考えたりしたのも良かったかもしれません。

     入院中に、パパがお見舞いで病室にいる間は授乳以外の赤ちゃんのお世話、ほぼすべてをやってもらいました。自分がやったほうが早いとなってしまうと、増々差が開いてしまうので。二人で助産師さんの話を聞いてふたりで上手になっていく。病院で失敗しておいた方が後片付けも楽です市質問もできるので。それにお母さんの体力は回復していませんしね。

     妊娠中はつわりが酷かったので実家に面倒を見てもらっていて、その間は一人で生活をしてもらいました。一人暮らしはしたことがある人なのでそこは問題なく助かりました。人によっては家電の使い方やら洗剤、消耗品のストックなどものの置き場所やら色々教えてから家をあけないと不安かも。
  • 買わない工夫3つ

    寝るときの授乳シャツ

     普段パジャマの下に要らなくなったTシャツを来て寝ていましたが、ハサミで適当に切って授乳口を作りました。授乳用の服も何着かは買いましたが家にあるもので何とかできるものはして、なるべく余計なものを買わないようにしました。


    簡易よだれかけ(スタイ)

     スタイって、一時的にたくさん、必要な時期が来るみたいです。タオルハンカチが余っていたら簡易スタイが作れます。
     三角に折って対角線上に布の紐をつけて、マジックテープか何かで付け外しができるようにします。蝶結びが面倒でなければ長めの紐を付けるだけでもいいです。


    余り布でミトン

     適当な布が少しあれば、ひっかき防止の家で使うミトンは手縫いで何となく作れてしまいます。雑巾が作れる人なら作れます。
     手首のゴムをつけるのが難しそうだったので、紐を縫いつけて蝶結びをするようにしてみました。毎回、細いヘアゴムでキツくならないように上から留めました。
0

妊娠41w前後の体験談

上へもどる