カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 初めての出産ー無痛分娩で産めると思ってたのに…ー 2
出産

[41w]初めての出産ー無痛分娩で産めると思ってたのに…ー 2 [妊娠・出産の体験談]

733人に読まれました
2016-06-28 17:04
妊娠がわかってから、出産方法についていろいろと調べて、
私は痛みに弱いので、絶対に、絶対に、無痛分娩にする!!と心で決めていました。
そのため、病院もわざわざ、無痛分娩ができる病院を探し、
お医者さんにも、「痛みに弱いので、無痛でお願いします!!」と言っていたのです。

しかし…
  • いよいよ分娩室へ

    その時には、分娩台に上がるのもやっとで、肩で息をする状態でした。
    点滴をするために針を刺されても、陣痛が痛すぎて、まったく気にもならないくらいでした。

    陣痛がくると、モニターからの音が早くなるので、
    「力を入れないで、息をゆっくり吐くように」と助産師さんからアドバイスをもらいながら、子宮口から赤ちゃんが出てくる大きさになるまで呼吸していました。
    数回に分けて「ハッ、ハッ、ハッ」と息を吸い、「フーーーッ」と5秒くらいかけながら息を吐く感じでした。

    人によって違うそうですが、私の場合は、仰向けで寝ているより、
    横向きで体を丸めて、膝を抱えるような体制にしている方が楽に呼吸することができました。

    陣痛がくると、おしりから何か出てきそうになるので、主人から拳でグッと押してもらうと、耐えることができました。
    私は立会出産を希望していませんでしたが、実際にいきんでよくなるまでは、
    分娩室に主人も入ることができたので、このときばかりは、主人がいる時でよかった!と心から思いました。
  • 「すみません…私、無痛分娩を希望してたんですが…」

    助産師さんが、着々と分娩の準備をしている時、ふと、あれ?私、無痛分娩でってお願いしてたよね?と思い出し、助産師さんに話しかけました。

    私    「すみません…私、無痛分娩を希望してて、先生にもお願いしてたんですけど…」
    助産師さん「えぇぇぇぇっ??!!無痛って言ってたの?!同意書書いた?」
    私    「いいえ、先生にだけお願いしてて、わかったよと言われてて…」
    助産師さん「麻酔使うから、同意書書いてもらわないとダメなのよ。誰先生?」
    私    「○○先生です…あと、○○先生にも…(私の病院には、複数の先生がいたので)」
    助産師さん「えーー…正直、今から無痛にしても、痛みのピークは今だから、
          このまま産んだ方がいいわよ?」
    私    「そ、そうなんですか?本当に今がピークなんですか?」
    看護師さん「どうしたんですか??」
    助産師さん「それが、○○さん(私)、無痛分娩でってお願いしてたんだって!」
    看護師さん「えええええっ??!無痛って言ってたの?!同意書は??」
    私    「同意書が必要とか言われてなくて、ないんです」
    助産師さん「ひどいよねー、○○先生!」
    看護師さん「頼んでたのに?可哀想に…でもね、大丈夫!ここまで耐えられたんだったら、      今が一番きつい時だから!」
    助産師さん「今までは力を入れられなかったけど、もういきんで良くなるから、
          そうなればすぐに楽になるわよ」
    私    「わ…かりました。今がピークなんですよね?」
    助・看さん『ピーク!!!』
    私    「このまま産みます」

    このようなやりとりをして、無痛分娩から、正常分娩に急展開したのでした。
    (病院側にしたら、最初から正常分娩の予定だったので、急展開もなにもないのですが…)

    看護師さんと助産師さんの反応が同じで、ハモリが面白すぎて、きついはずなのに、空気がとても和みました。

    これまで、無痛分娩だからそんなに痛くないだろう…と高をくくっていたので、とてもドキドキしたのを覚えています。

みんなへメッセージやアドバイス

長くなるため、申し訳ありませんが数回に分けて投稿します。
続きは「初めての出産ー無痛分娩で産めると思ってたのに…ー 3」で投稿します。
0

妊娠41w前後の体験談

上へもどる