カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 初めての出産ー無痛分娩で産めると思ってたのに…ー 3
出産

[39w]初めての出産ー無痛分娩で産めると思ってたのに…ー 3 [妊娠・出産の体験談]

1698人に読まれました
2016-06-28 17:03
妊娠がわかってから、出産方法についていろいろと調べて、
私は痛みに弱いので、絶対に、絶対に、無痛分娩にする!!と心で決めていました。
そのため、病院もわざわざ、無痛分娩ができる病院を探し、
お医者さんにも、「痛みに弱いので、無痛でお願いします!!」と言っていたのです。

しかし…
  • いきむということ

    子宮口が全開になったことを助産師さんが確認すると、分娩台に仰向けになり、
    足をMの字に開く体勢になります。

    自分ではわからなかったのですが、すでに赤ちゃんの髪の毛が見えていると助産師さんが教えてくれました。

    両足にそれぞれカバーをかけ、赤ちゃんを取り出す準備が進んでいきました。

    「陣痛の波が来たら、一気にいきんでね」と言われ、頭の中に「?」マークが浮かんでしまいました。

    ”あれ…いきむってなんだっけ…?”

    実際、出産の本やたまごクラブを読んではいましたが、陣痛の時の呼吸法や姿勢は多く載っていましたが、
    いきみ方が詳しく書いてあるものは、なかなかありませんでした。
    産むときになってみないとわからないもので、ただお腹に力をいれるだけではダメなんですね。

    「んーっ!!」と力を入れるだけでは全く足りないのです。
    少し下品な表現になりますが、ひどく固い大便を思い切り出すような力の入れ方というのでしょうか、とにかくお腹ではなく、お尻の穴に力を入れるのです。

    力を入れると、本当にお尻からも出てきそうになりますが、それを気にしていては出産はできないということを知りました。

    2回大きくいきむと、赤ちゃんの頭が半分出てきた状態になり、助産師さんが「いきむのやめてね。力入れると、会陰が裂けるから!先生呼んで切ってもらおうね〜」と言いました。

    会陰が裂けると、ひどい時はお尻の穴まで裂けてしまうと書いてあったのを思い出し、分娩台の上にあるライトを見ながら、心の中で「赤ちゃん〜、出てきて〜」と語りかけながら、「ハーッ、ハーッ」とゆっくりと息を吐いていました。

    助産師さんと看護師さんから、「力抜くの上手ね〜」と褒められ(おだてられ?)、喜んでいたところ、なかなか先生が来てくれず、赤ちゃんが”ぐぐぐっ”と出てきているのを感じました。
    「もう出てきちゃうから、ゆっくりいきんでみようか。会陰切れないように伸ばしながらするから」と言われ、「ンーッ」と息を吐きながら力をいれると、赤ちゃんが生まれてきてくれました。
  • 生まれてきた後

    助産師さんが赤ちゃんを取り上げてくれた後に、先生が入ってきました。出産の時は、分娩が始まる時から先生がいてくれるものと思っていたので、出産後に先生が来たことにまず衝
    撃を受けました。
    赤ちゃんの口に入っている羊水を取り除いた後、看護師さんが赤ちゃんの体を拭いてくれた時、赤ちゃんが産声を上げました。これまで羊水の中で生きていたのに、たった数秒で呼吸し始め、あんなに声を出して泣くことができるなんてすごいと、感動して涙がでました。

    赤ちゃんが泣いているのを聞きながら、「胎盤を出すから、ちょっといきんでね」と言われ、力を入れると、ドロッとした感覚があり、出産は終了したのでした。

    会陰が裂けないように、助産師さんが伸ばしてくれていましたが、少し裂けてしまったようでした。
    「ちょっと麻酔かけるから」というと、会陰に麻酔を注射しました。そして、まだ麻酔が効いていないのに、すぐに縫い始めたので、チクチクを痛みを感じましたが、「陣痛よりマシだし、早く赤ちゃんが見たい」と思い、何も言わずに耐えました。もう、陣痛を経験したら、針を刺すなんて、どうってことなくなるんですね。
  • 陣痛から出産までの流れ

    私の場合は、このような流れでした。

    21:30 陣痛開始(10分間隔)
    0:00 陣痛(7分間隔)
    2:00 病院に電話
    3:30 病院へ移動(2分間隔)
    4:00 陣痛室で待機
    5:00 破水
    5:30 分娩室へ
    6:00 子宮口が全開大に
    6:30 赤ちゃんがでてきた
    7:00 すべて終了

みんなへメッセージやアドバイス

出産して、これまで以上に「お母さん」という存在がどれだけ偉大なのかを実感しました。
世の中すべてのお母さんを尊敬します。

出産は苦しく、本当に痛いですが、人生の中で、こんなに感動したのは初めてでした。
女性に生まれて、出産を経験し、母になれたことを本当に嬉しく思っています。
0

妊娠39w前後の体験談

上へもどる