カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 出産!〜微弱陣痛、促進剤〜2
出産

[40w]出産!〜微弱陣痛、促進剤〜2 [妊娠・出産の体験談]

734人に読まれました
2015-08-06 19:10
予定日前日の前駆陣痛から始まり、日付をまたぎ予定日ちょうどに産まれました。
  • 1回目の促進剤

    午前7時ごろに分娩台に移動。痛みは増すものの子宮口がなかなか開かず午前9時ごろ1回目の促進剤開始。
    一気に痛みが増し、陣痛の間隔も短くなりました。
    いよいよか!と覚悟しましたが、促進剤をやめるとまた陣痛の間隔がばらばらになりました。子宮口もまだ開いていませんでした。
  • 2回目の促進剤

    そのまま午後になり2時ごろに2回目の促進剤を開始。
    また一気に痛みは増し、陣痛の間隔も短くなりました。
    陣痛が来るたびにいきみたくなるのを必死で我慢しました。我慢というより、助産師さんや旦那に子宮を押さえてもらっていました。
    そのころには私の母、姉、妹、旦那の母が来ていて交互に私の隣にきて励ましてくれました。

    先生と旦那で帝王切開の話も進んでいて、書類にサインもしていたそうです。
    私も疲れてきていて、内心もぉお腹切ってくれ、と思っていました。
  • 午後5時、ついに

    先生が手で無理やり子宮口を広げ、やっと全開。
    いきんでいいよ!と言われ、最後の力をふりしぼり4回ほどいきむとするっと出てきてくれました。
    出産のときは感動して涙が出る、とよく聞いていたので自分もそうなることを想像していましたが、立会いが多かったので産まれた時の歓声がすごくて涙が出ませんでした。
    産まれてすぐ赤ちゃんはきれいにしてもら為にどこかに行ってしまったのですが、家族もみんな赤ちゃんについて行ってしまい助産師さんと二人分娩室に残され、二人で笑ったのを覚えています。
    そのあとに少し赤ちゃんを抱っこしてから2時間分娩室で休んでから、病室に帰りました。
    授乳は次の日からだったのでその日はそのまま病室で過ごしました。

みんなへメッセージやアドバイス

初産は長くなると聞いてはいたけど、こんなに長くなるとは想像していませんでした。
とても長くて大変でしたが、産まれた後にはそんなことも吹っ飛んでしまうぐらい幸せな気持ちになりました。
立会いは旦那だけのはずが、予想外に増えて多かったのが、とても心強かったし、にぎやかで楽しい出産になりました。
出産はなにがあるか分からないし、その時の状況に応じて対応が変わってくるので常にドキドキしますが、産まれてくる赤ちゃんの頑張っているのでお母さんも頑張らないといけないなと思いました。
2

妊娠40w前後の体験談

上へもどる