カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 死ぬほど痛い!乳首トラブル
授乳

[0歳0ヶ月]死ぬほど痛い!乳首トラブル [育児の体験談]

5983人に読まれました
2016-11-07 17:39
授乳で乳首トラブルは付き物ですよね。私も例に漏れず悩まされました。
  • あれ、なんか痛いぞー

    第一子では特になかった乳首トラブル。第二子の時にそれは起きました。産後1週間、なんとなく授乳する時に乳首がヒリヒリするなと感じました。久々の授乳で乳首もまだ硬いんだろう、少し経てば慣れるかなと楽観していました。
  • どんどん痛くなる乳首

    そのまま2週間ほど経っても乳首の痛みは取れず、それどころかだんだん痛みが酷くなってきます。これはちょっとおかしい、と思い乳首の下を見てみたら半円くらいパックリ割れていました。でも痛いからといって授乳をやめるわけにもいかず、頻回授乳は続きます。
  • 拷問!授乳タイム

    治すといっても授乳しない訳にはいきません。あげなければおっぱいは張るし赤ちゃんも泣きます。幸いパックリ割れは左だけだったので、主に右であげながら授乳しました。しかし2、3時間ごとに力いっぱい吸われるので治るわけがありません。それどころかますます傷が広がります。このあたりは毎回歯を食いしばって激痛に耐えながら授乳しました。
  • 助けて、ネット上の先輩!

    すがる思いでネット検索して、いろいろな対処法を調べました。とりあえずすぐできそうなラップ方法を試しました。専用の薬を塗って、小さく切ったラップで密封するという方法です。母に近所の薬局で塗り薬を買ってきてもらい、さっそく実践しました。授乳後に毎回せっせと塗ってラップした甲斐があり、産後2ヶ月くらいには完治しました。

みんなへメッセージやアドバイス

授乳に乳首トラブルはつきものです。他にも乳腺炎で死ぬほど痛い思いをした人もいるでしょう。世間のママさんはそれでも可愛い我が子のために頑張るんですよね。本当に母親というのはすごい存在です。
1

0歳0ヶ月前後の体験談

上へもどる