カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おでかけ >
  4. 飛行機体験!8ヶ月と1才3ヶ月と1才8ヶ月
おでかけ

[0歳8ヶ月]飛行機体験!8ヶ月と1才3ヶ月と1才8ヶ月 [育児の体験談]

295人に読まれました
2015-08-06 21:15
飛行機に乗っている時の態度も、成長するにつれて変わっていきました。
  • 初めての飛行機、、爆睡!

    初めて子供が飛行機に乗ったのは8ヶ月の頃。
    主人の実家へ行く時に乗ったのが最初です。

    「密室空間の中で大泣きしたらどうしよう、、」と、私は緊張しっぱなしでした。

    そんな私の不安な気持ちと裏腹に、子供は行きも帰りも飛行機で爆睡。
    途中何度か起きましたが、外をぼーっと眺めてまた寝ていました。

    イマイチなんなのかよくわかっていなかったようです(笑)
  • 1才3ヶ月の頃は、離着陸で大泣き!

    次に飛行機に乗ったのは1才3ヶ月の頃。

    飛行中は機内サービスでもらったおもちゃで遊んだりしていたのですが、
    離陸と着陸の時(特に着陸時)に耳を押さえて大泣き!
    どんなになだめても、お茶やお菓子ををあげても泣き止まず、周りのお客さんに申し訳なかったです。

    帰りの飛行機では、着陸の時少しでも泣かないように、授乳ケープで身体を隠して密かにおっぱいをくわえさせていました。
    それでもフグフグと泣いてしまい、前の席にいた女性に「よく頑張ったね〜」と声をかけられる程でした。

    「三半規管が発達してきたんだね〜」と呑気にいう旦那の気楽さを半分分けて欲しかったです。
  • 1才8ヶ月でようやく克服!

    初めて飛行機に乗った時から丸1年。また飛行機に乗って主人の実家へ行く時が来ました。

    この頃になると、おもちゃを使って上手に遊べるようになっていたので、色々持ち込みました。

    はたらく車の図鑑、レゴブロックの動物、車のおもちゃ、シール帳、ジュースにおやつ、この日の為に制作したナップサックに詰めていきました。

    不安だった離着陸の時には、少し顔をしかめて何か訴えるような声を出しましたが、すかさずおもちゃを取り出して「大丈夫だよー♪ぶーぶーも平気でしょー大丈夫だよー♪」となだめるとご機嫌になって遊んでくれました。


    車のおもちゃに飽きるとシール帳、次はキリンのおもちゃ、間におやつ、、と次々と繰り出して、一度も愚図ることなく乗ることが出来ました!


    さらに、最近の飛行機は機内でWi-Fiが使えるものもあって、
    機内サービスで無料でアニメが見れる所もあったので、大変便利でした。

    これで、次に飛行機に乗る時には緊張しすぎて疲れる、なんてことがなくなりそうです!
1

上へもどる