カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. ご飯を食べない!そんな困った時には納豆とバナナ
離乳食

[1歳0ヶ月]ご飯を食べない!そんな困った時には納豆とバナナ [育児の体験談]

972人に読まれました
2015-08-06 22:58
食べムラが多いうちの子。困った時はバナナと納豆ご飯でしのぎました。
  • バナナと納豆ご飯は栄養満点?

    うちの子は、食べ物が硬かったり、食感が嫌だと口に入れてもべーっと出すのですが、バックバク食べるのは、バナナと納豆ご飯でした。

    一才頃には、バナナを2本くらいペロリと食べれるほどの勢いで口に入れていました。

    納豆ご飯も好きで、回転寿司に行くと納豆巻きを二皿くらい食べていました。

    そんな2つの好物は、栄養価が高いそうで、コレ幸いとご飯を食べない、作るのがめんどくさい時はバナナか納豆ご飯をあげていました。

    バナナと牛乳とパン、納豆巻きと野菜たっぷり味噌汁がよくある手抜き昼食でした。

    バナナ/納豆食べてるから一食くらい手抜きしたって栄養不足にはならないでしょう、と開き直っていました。

    知り合いが、保育園の懇談会で、他のママが「料理出来なくて、何を食べさせれば良いのかわからない」と先生に質問した際に「納豆巻きですかね、、」と言っていたのを聞いたそうです。

    保育のプロもお勧めの納豆巻き、大活躍です。


    バナナは特に、柔らかいし甘いし、離乳食を始めた頃から大好きな食べ物でした。
    一才半を過ぎても、バナナは大好物です。
  • 真っ先に覚えた言葉は「バ!」

    うちの子が一番最初に覚えた言葉は、「ママ」でも「パパ」でもなく
    「バ!(ナナ)」でした。
    バナナを見せると「バ〜♪」と満面の笑み。バナナに負けた気分になった私です。

    納豆も相変わらず好きで、ご飯に混ぜてあげても器用に納豆だけ取り出して食べたりします。

    「納豆」の発音は難しいようで、まだ正確に言えていませんが、
    「納豆ご飯食べる?」と聞くと「わぁ〜♪」と笑顔になるので大好きなんでしょうね。

4

上へもどる