カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. puppp発症から一年
トラブル

[34w]puppp発症から一年 [妊娠・出産の体験談]

2343人に読まれました
2015-08-06 23:13
妊娠後期にpupppを発症しました。
あれから一年以上経った現在の様子を書いてみます。

  • 体質の変化

    以前は蕁麻疹など出来た事もなかった私ですが、出産後、慢性的に蕁麻疹ができるようになりました。肌をひっかくとそこからミミズ腫れのように腫れ上がります。特に生理前になると悪化し、炎症がひどかった部分を中心に湿疹が現れ痒くなります。いままではニキビや腹部の不快感で生理が近いな~と感じていましたが、それが痒みと蕁麻疹に変わりました(-_-)しかし全盛期ほど強い痒みではなく、薬を飲まなくても生活できています。
  • 刺激に弱い肌に

    肌に刺激のある事は出来ず、無駄毛の処理も一年ちかく出来ませんでした。湿疹が落ち着いてきた産後半年でカミソリを使った時は、全身真っ赤に腫れ上がり2.3日引きませんでした。除毛クリームなんて恐ろしくて試せませんでした。
    産後一年を過ぎた最近になって、ようやくカミソリを使っても大丈夫になりました。やっと無駄毛が処理できるようになって一安心です。
  • 湿疹跡について

    産後半年くらいまでは赤黒い跡が隙間なく残っており、夏でも長袖でないと出歩けませんでしたが、そこから徐々に薄くなり、腕はほとんど気にならなくなりました。足はまだ跡が残ってますので、ショートパンツやスカートの時はレギンスで隠しています。

みんなへメッセージやアドバイス

全盛期に比べれば全然ましですが、私の場合は症状が残り、蕁麻疹体質になってしまいました。もう割り切るしかありません。二人目の時はどうなるんだろう…と、今から恐ろしいです。陣痛は怖くないけどpupppは本当にこりごりです。
1

妊娠34w前後の体験談

上へもどる