カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 高齢出産ママの産後実録
ママの悩み

高齢出産ママの産後実録 [育児の体験談]

6211人に読まれました
2018-01-30 16:26
1人目が35歳のときに、2人目が37歳のときに出産しました。

地域にもよると思いますが私の周りでは大半がアラサーのママで私と同年齢くらいのママは少数です
  • とにかく疲れやすい

    今まで健康体でしたが、年齢のせいかとにかく疲れるようになりました。
    また、身体の節々が使い痛みのようなかんじで次の動作に移るときなんかはいつも痛いです。これは抱っこしているからと、夜中何度も添い乳していて横向きの体勢でずっと寝てしまったりするからです。
    下の子と上の子がママの方に寄って来て30センチくらいのところがママの寝るスペースなので寝返りも打てません(笑)

    疲れを乗り切る方法は、早目の就寝や、サプリや黒酢を飲んでいます。
  • 周りのママから浮くのか?

    結論から言わせてもらいますと浮きません。

    公園で良く会うママ達、近所のママ達、みんな私よりも若い方がほとんどです。
    笑顔で挨拶をきちんとして身なりを整えていると浮かないようです。
    ママ同士の話題は子どものことばかりなのであまり気になりません。

    アラフォーはほっておくと一気に老け込みますが、きちんと身なりを整えると、それなりに見えると思います。
    同じくアラサーでヨレヨレの格好の方もいるので、アラフォーだから浮く、というのも無いです。

    住んでいる地域によっては20歳前半のママ達ばかりのところもあるようです。
    おなじ年齢の友人がそういったところに住んでいますが、公園や子育てセンターでは20歳前半ママの中には正直中に入れないそうです。
    しかし、金銭的に余裕があるので月謝の高い習い事や幼稚園をチョイスしたところ、その関係の同年齢のお友達が出来たそうです。
  • メリット

    私の場合、ライブに行きたい!夜の居酒屋飲みに行きたい!夜おしゃれなイタリアンでディナーしたい!などという子どもがいるとできないような遊びの欲望があまり出てきません。
    出産までに沢山遊び尽くしたからでしょうか。
    これはメリットと言えます。

みんなへメッセージやアドバイス

芸能人は高齢出産を良く見かけますが、やはり世間の主流はアラサー出産ですよね。
でも過去は戻らないし、アラフォーだからこそのメリットも沢山あるので、ぼちぼち育児を楽しんでいきたいと思ってます。
3

上へもどる