カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 乳腺線がこんなに辛いなんて知りませんでした
授乳

[0歳1ヶ月]乳腺線がこんなに辛いなんて知りませんでした [育児の体験談]

954人に読まれました
2015-08-08 20:02
  • 初めての妊娠、初めての出産、初めての授乳。

    当然ですが、一人目を授かってからは初めてのことばかり。
    私は一人目の妊娠から助産院でお世話になりました。母乳育児を基本としていて妊娠中から母乳の為の食事や乳頭マッサージなど積極的に教えてくださいました。
    一人目の時は妊娠中からおっぱいの張りが違いますね。因みに二人目以降は張りが弱くなります。
    長男の分娩中も助産師さんがおっぱいに刺激を与え、産後すぐに初乳を飲ませることも出来ました。産後すぐからおっぱいの出は順調で三日後には赤ちゃんが2.3時間寝てしまうとおっぱいが張って張って辛いので、赤ちゃんを起こして飲ませるほどでした。
    助産院でも母乳の飲ませ方は色々教わりました。詰まりやすい乳腺が何ヶ所かあり、入院中にマッサージをして詰まりを解消してもらっていました。角度を変えながら飲ませないと乳腺がつまるので気を付けて。と左右均等に飲ませることにプラスして、立ち飲みやフットボール飲みなど。
  • お産より辛い乳腺炎

    助産院から退院し、自宅に戻り一週間もしないうちにおっぱいに異変が・・・
    自分で詰まりを解消しながら赤ちゃんに吸ってもらうようにしてましたが、詰まりやすい箇所が完全に熱を持ち出し痛みもましてきました。おっぱいは岩のように硬くなり、血管は浮き出て、次第に私自身も39度の発熱。それでも授乳を止めるわけにもいかず、一晩泣きながらフラフラになりながら過ごしました。
    翌朝すぐに助産院の先生に来て頂き、おっぱいマッサージで詰まりを解消してもらい、だいぶ楽にはなりましたが、それでもおっぱいは熱を持ちパンパンです。
    とにかく、油分の強いものは食べず、水分を取って、キャベツの葉かじゃがいもをすったのものをおっぱいの張ってほどよく冷やして、あとはとにかく赤ちゃんに吸ってもらいなさいと。
    その後、おっぱいマッサージを数日続けて徐々に乳腺炎は解消されました。自分自身の熱も2晩で落ち着きました。
    本当に辛い辛い一晩でした。今だに、乳腺炎はお産より辛い記憶が残っています。
2

上へもどる