カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. おっぱい奮闘記。100日経って…
授乳

[0歳3ヶ月]おっぱい奮闘記。100日経って… [育児の体験談]

738人に読まれました
2015-10-01 18:28
前回書いたのですが、出産後かなり授乳に苦労した私のおっぱい。

なんとか2ヶ月程で完母にまで持っていく事は出来ましたが、他のママ達よりも授乳にすごく時間がかかったり、乳首が傷付いてヒリヒリ激痛だったりで、授乳時間が苦痛で苦痛で仕方ありませんでした。

よく、授乳時間はママにとって一番幸せな時間なんですよ。とか言うけれど、どこがやねん‼︎と思いながら産後しばらくを過ごしました。
  • 出だしは苦戦続きの授乳

    母乳マッサージに通い、なんとか乳首の形も整ってきて息子も飲むのに慣れてきたおっぱいではありましたが、元々あまり強く無かった私の乳首は、息子が一生懸命吸い続ける事でどんどんただれて、ヒリヒリ激痛に。
    激痛で飲ませたくないけど、飲ませないといけないというとても苦しい日々でした。

    母乳マッサージの先生は、こんなのまだまだマシな方よ!もっと裂けたり血が出てる人もいるんだから!とおっしゃいますが、十分痛いですけど〜(T ^ T)と思いながら、その言葉を励みに頑張って続けていきました。

    息子もまだまだ月齢が低いうちは飲み方のコツが分からないようで、私が飲んで欲しい様に吸い付ける事は少なく、上手に飲めない分授乳回数を増やして補っていました。
  • 授乳時間が来るのが苦痛だった

    一回30分程を一日12〜14回程、授乳が終わった後は搾乳して、その母乳も次回に哺乳瓶で飲ませる、というのを繰り返していたため、はじめのうちは1日のほとんどを授乳に充てている状態で、それプラス家事なので本当に大変でした。

    それに加えて乳首が激痛なため、授乳時間が来るのが恐怖で恐怖で、この痛みはいつか本当に無くなる事があるんだろうかと、終わりの見えない不安でいっぱいでした。
  • 100日程が経過し

    100日経つと落ち着く、とは良く言ったもので、本当に100日が過ぎた辺りから、息子も私も授乳のコツが分かり始め、乳首の激痛も治まり始めました。

    私の母乳育児に一点の光が差し始めた瞬間でした。(大げさ?笑)

    あんなに辛かった授乳時間から、少しずつ楽しく幸せな授乳時間へと変わっていきました。

    私のおっぱいをゴクゴク飲んでくれる息子を見て可愛いな〜と思う余裕もやっと出てきたのです。

    本当に初めの1ヶ月ぐらいは全然上手くいかず、お腹を空かせて泣く息子に十分おっぱいを飲ませてやる事が出来ない状態が辛くて涙することもありましたが、気が付けば3ヶ月。
    乳首の痛みも無くなり、もうそれだけで授乳に対するモチベーションががらりと変わりました。
    授乳時間がくる前でも、ひょいっとおっぱいを出してすぐに飲ませる事が出来るし、前ほど時間を要する事もなくなり、搾乳もしない、ミルクも足さないので、本当に授乳が楽になりました。

    あれだけ苦しかったのが嘘みたい!頑張って続けて良かったです(T_T)

みんなへメッセージやアドバイス

授乳にはじめ苦戦したママは、本当におっぱいの状態によって一喜一憂するほど、おっぱいには敏感なものですよね。
でも諦めずに続ける事で乳首は必ず強くなるし、母乳もしっかり子供に足りる分が出るようになるし、何より授乳が本当に幸せな時間へと変わっていきます。
私の息子はその後おっぱい大好き星人となり、1歳3ヶ月で断乳するまでずっとおっぱいばっかり飲んでいました。
おっぱいが欲しくて私によじ登ってくる息子はとても可愛かったですよ。
私のように母乳で育てたいのにトラブルを抱え苦しんでいるママ達、くじけず頑張れば必ず幸せな授乳時間が待っていると思って、是非諦めずに頑張ってください。
0

上へもどる