カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 1歳ごろの離乳食☆食べない時期を超えて・・・
離乳食

[1歳0ヶ月]1歳ごろの離乳食☆食べない時期を超えて・・・ [育児の体験談]

342人に読まれました
2015-08-10 20:45
離乳食開始から基本的にはずっと”食べない子”だったわが子。そのため、離乳食の本でいう”ごっくん期””もぐもぐ期””かみかみ期”などといった段階と月齢がまったく合わず・・・8か月でもごっくん期のようなどろどろのものを食べていたり、かと思えば、おにぎりは食べることができたり・・・。これって大丈夫なの?と常に不安でした。
  • 白米は食べられる!

    ほとんど噛んで食べるということができなかったのですが、なぜかごはんはつまらせずにちゃんと噛んで飲みこむことができていました。野菜のみじん切りなどでも、ちょっとでも下にゴロっと当たるものがあると、べぇと吐き出していたので、まさかごはんが食べられるとは思っていませんでした☆

    意外と固いもののほうが食べられる子もいるという話は聞いていたのですが、うちの子に関しては、白米のみかたくても大丈夫なようでした。
  • 段階はまったく踏んでいませんでしたが・・・☆

    離乳食の本にある進め方通りにはまったく進まなかったのですが、1歳になると少しずついろいろなものが食べられるようになり、気づけばちゃんとカミカミして食べていました☆

    未だに、好き嫌いは多く、昨日食べれていたものが急に食べられなくなったり、その逆ももちろんあるのですが・・・日々試行錯誤です。

    結果わかったことは、別にきちんと段階を踏んで離乳食をすすめられていなくても、いつかは食べてくれる日がくるということです♪母乳も飲んでいて、体重もきちんと増えていたので、栄養に関してはあまり心配はしていなかったのですが、やはり食べてくれないと心配だしストレスがある日々でした・・・しかし、今思えば、気長にのんびり待ってあげればよかったなという感じです♪

みんなへメッセージやアドバイス

離乳食の進み具合も本当に人それぞれだと思います。なんでもぱくぱく食べてくれる子がうらやましかったり・・・だけどいつかは小食でも好き嫌いはあっても、自分から口を開けてくれる日がきっときます☆広い心で見守ってあげましょう☆
2

上へもどる