カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 離乳食があまり進まない娘・・・
離乳食

[0歳11ヶ月]離乳食があまり進まない娘・・・ [育児の体験談]

1152人に読まれました
2017-02-01 16:32
今月末で1歳になるうちの娘ちゃん・・・

あまりご飯を食べてくれません。><
卵アレルギーで食べられるものにも制限があり、悩みの種となっています。

そんな娘との奮闘記をこれから少しずつ綴っていきたいとおもっています。
まず、第一段です^^
  • 周りと比べなくても大丈夫・・!

    ついつい、月齢が同じだったり、近いお子さんと比べてしまいます・・・
    「あの子はもりもり食べているのになんでうちの子は・・・。」

    分かっているんです!!それぞれ個性があって、成長のペースもみんな違う。ってことは・・。
    育てている環境も違うし、生活のリズムも違います。その子の性格だって違います。
    だから、周りと比べても何も良いことはありません。むしろ、悪循環ですよね><

    比べるから、イライラしたり、悲しくなったり、悩むんです。
    いつかはおっぱいとバイバイして、ご飯を食べてくれる日がきます!!←そう言い聞かせています^^
  • 食べてくれなくなった原因・・

    5か月に入るころから離乳食を始めました。初めは順調だったんです!
    ペースト状の10倍粥から始めました。初めて口に入れてくれた時の嬉しさは今でも覚えています。^^

    一日一回から初めて、6か月、7か月になるにつれて、娘の小さな歯が順番に生えてきました。歯が生えるペースや時期は早かったと思います。
    だから、私は少しずつ離乳食の形状も変えてきました。ただ、少しそのペースが早かったのだと反省しています・・。

    歯が生えているから、形を残して・・^^きっと食べれる^^と思っていました。

    いざ、ご飯の時間。
    娘は、その時期、頻繁に  べー  ブッ  と口からご飯を吹きだしていました。
    それはきっと、まだ飲み込む力が未熟で、飲み込めないよ~お母さん・・><
    の合図だったにも関わらず、当時私は「こら!なんで出すの!だめ!!」と大きな声で娘を叱ってしまっていたのです・・

    出す度にそんな風に接していたので、娘の中で  【ご飯=怒られる】とインプットされてしまったのだと思います(*´`)

    それと、一度 肉じゃがを作ったのでそのジャガイモをあげたときに、まだ熱くて火傷をさせて泣かせてしまいました・・・。それもきっと、娘にとったら食べることへの倦怠感を抱かせてしまったのでしょう・・。

    それをきっかけに スプーンであげても 口も開かない、首を振る、泣く・・の繰り返しでした。
  • 食べてもらえるように工夫したこと

    ほとんど食べてくれなくなってから私が工夫したことをいくつかご紹介します^^

    ・おおげさに 食べる姿を見せて「おいしいなあー^^」と食べる
    ・自分で持って食べれるように角切りにする
    ・冷たいヨーグルトなどから慣れさせる
    ・スプーン以外のお箸やフォークで食べさせる
    ・机に鏡を置いて自分の姿を映してあげる(喜んで自分の食べる姿を見ていました)
    ・ご飯を食べている系の絵本を毎日読み聞かせる

    など、出来る限り工夫をしました。

    そうこうしていると、先月くらいから、明らかに食べる量が増えたのです!!!^^
  • あまり神経質にならないように・・・

    食べてくれる量が増えたものの、やはりまだまだごはんより おっぱい。
    食べてくれないときはせっかく作っても残る、捨てる・・・
    毎日、毎食 落ち込む、イライラする、の繰り返しです。

    でも、ネット等で検索すると同じ悩みをもつママさんのお話やアドバイスなどを見て勇気づけられています^^
    もちろん市販のベビーフードも使っています。^^

みんなへメッセージやアドバイス

今でも食べる量は少ないですが、少しでも食べてくれたら、思いっきり笑顔で褒めて、
食べなくても「そんな気分じゃないのね^^また次回食べてね♪」くらいな感じで気楽にやっています^^

同じように悩んでいる方・・大丈夫です!!^^
子供は自然に成長してくれます^^ご飯を食べなくたって、おっぱいばっかりだって元気でいてくれればそれで十分なんです^^

あまり悩まないでくださいね^^
2

上へもどる