カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 赤ちゃんの生活リズム&昼夜の区別をつけるコツ
睡眠(ねんね)

[0歳2ヶ月]赤ちゃんの生活リズム&昼夜の区別をつけるコツ [育児の体験談]

8401人に読まれました
2016-09-29 13:00
新生児の頃は昼夜が関係無い赤ちゃん。そこからどうやって昼夜の区別が付いていったか、どのように寝かしつけをしてきたか、コツという程のものではありませんが、思い出して書いてみたいと思います。
  • 入院中~1ヶ月

    はじめは勿論昼夜関係なく泣きまくる赤ちゃん。
    入院中は基本的に母子同室だったのですが、夜の間は産後の身体を休ませるよう、詰所で預かってもらったりして過ごしていました。
    母子同室の方は、無理せず預けてゆっくり体を休ませて下さいね!

    でも退院後はそうはいきません。
    里帰りはしましたが、両親が共働きだったので、夜中両親を起こしてまで手伝ってもらう事は出来ず、眠気と戦いながら、というか半分寝そうになりながら、時には一晩中泣き止まない息子を抱っこで必死にあやしたりしていました。

    もう私の方もぐったりとしてきて、やっと朝方眠りについてくれた時には、あ~今日もやっと夜が明けた~(T_T)と思っていました。

    新生児の赤ちゃんってなぜか24時間のうちで数時間、理由もなく泣き続ける時間があるんですよね。。
    特に完母だったので、ミルクをあげて長寝させるという事も無かったので余計にそうでした。
  • 生後1ヶ月~

    1ヶ月から自宅に戻り、里帰り中は赤ちゃんが寝てくれてる間は自分も寝る、という生活をしていたのが、そうはいかなくなり、一晩中眠れなかったとしても、朝は旦那の弁当作りに始まり、洗濯やらなんやら家事をしなくてはいかなくて、早く夜の間は寝てくれるようにならないかなーと思っていました。

    それでもやっぱり夜になっても寝付かない息子。
    たま〜に夜に寝てくれるようになって、2〜3日はそのサイクルで続いてくれても、また昼夜逆転に戻ったりして、なかなか1日のサイクルが定まりません。

    育児書に載ってるように夜は寝かせて、朝は着替えさせるなどして…としようとしても、一晩中起きててやっと朝方寝てくれた子を、明るくなったからといって起こす気力もなかなか無く、やっぱり自分も寝てしまう…というのが実状でした。

    抱っこ紐で抱っこしてると高確率で寝てくれるのですが、おろすとまた起きて泣き始めるし、もうどうしようもありません。
    授乳→抱っこの無限ループです。
    いつか寝てくれると信じて相手し続けるしかありません。
  • あまりにも簡単に寝るように。

    そして2ヶ月程が経った頃。
    私の住んでいる地域では、赤ちゃんが生まれてしばらくすると、地域の保健師さんが家に訪問してくれて、赤ちゃんの様子や育児の相談を受けてくれるサービスがあり、その方が我が家にも来てくれました。

    そこで昼夜の区別がついているかという話題になり、まだついて無いです〜と答えると、もう2ヶ月だから、寝かしたい時間になったら、強制的に暗くしておっぱいあげるでも抱っこするでも何でも良いから、どうにかして寝かし付けてみて!と言われました。

    今まで赤ちゃんが自然に寝てくれるまで待っていた私。
    え、そうなんだ?と思い、その晩早速8時頃お風呂に入れてそのまま部屋を暗くしておっぱいをあげて寝付かせてみました。

    寝た‼︎‼︎

    今まであんなに苦戦してたのが嘘のよう。
    普通に寝ました。

    たまたまかな〜と思い、次の日もやってみたら、また普通に寝てくれました。

    こうして、いつになったら昼夜の区別がつくんだろ〜と思っているうちに、いつの間にか赤ちゃんにはそれが出来るようになっていたのです。

    たま〜になかなか寝てくれない事もありましたが、これ以後ほぼ1日のサイクルが安定したように思います。

みんなへメッセージやアドバイス

生まれてすぐの頃は、「赤ちゃんのペースに合わせて」お世話するのが基本だったので、なんとなくその延長で赤ちゃんが寝てくれるまで待つ、というふうにしているお母さんは多いのではないでしょうか?

2ヶ月ぐらい経っても1日のサイクルが定まらないようなら是非、強制的に暗くして寝かしつけるという方法を試してみてください!
1

睡眠(ねんね)の人気体験談ランキング

上へもどる