カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 妊娠中の旦那さんの言動‏
パパの準備

[14w]妊娠中の旦那さんの言動‏ [妊娠・出産の体験談]

1075人に読まれました
2015-08-11 21:21
  • 妊娠中に旦那さんにブちぎれたことが一回だけありました。

    つわりがひどく歩けば嘔吐、車に乗れば嘔吐、何か合わない臭いをかげば嘔吐の日々。
    平日は仕事があり無理して会社に行っている状態だったので、土日はどうしても家にこもり気味になりました。
    出かけてもどこかで嘔吐して辛い思いをするし、周りにも迷惑をかけるし、つわりが落ち着くまでは外出は控えるようにしていたところ、旦那さんの一言が私の怒りをかいました。

    「たまにはどこかにでかけようよ」

    出かけたければ一人で勝手に出かけてくれと思いました。

    こんなにつわりで苦しんでいるのに隣で見ていてわからないの?とブちぎれるどころか怒りを通り越して泣きわめきました。

    世の中には奥さんのつわりを見ていて旦那さんもつわりの症状が出たなんて記事も読んだことがありますが、うちの旦那さんに限ってはそんなことは全くなかったようです。

    数週間経って私のつわりが落ち着いてきた頃、旦那さんが「つわりが治まるとこんなに表情が違うんだね。あのときは本当に辛かったんだね。ごめんね。」と言ってくれました。

    今となっては私と友人の間で旦那さんをからかう材料に使わせてもらっている話ですが、あのときは怒りでいっぱいでした。

    妊娠中、旦那さんの些細な一言に傷ついたり怒りを感じたり、時には泣きたくなることもあると思います。
    そんなときは周りの友達、お母さんや兄妹に話を聞いてもらいましょう。話すことでスッキリすることはたくさんあります。また、自分だけで悶々としていると余計に体調が悪くなります。

みんなへメッセージやアドバイス

身近に話せる人がいない時には、カラダノートを活用してみなさんに話を聞いてもらえばいいんです。
ここなら妊婦さんの大変さ、つわりの辛さ、妊娠中の喜びや楽しみも分かち合えます。
何事も一人で抱え込まずにいきましょう。
1

妊娠14w前後の体験談

上へもどる