カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. 自宅での沐浴
お風呂・スキンケア

[0歳1ヶ月]自宅での沐浴 [育児の体験談]

253人に読まれました
2015-08-12 15:49
とても思い出深い自宅での沐浴について書かせていただきます。
  • 家族も一緒に大騒ぎ!

    1人目の長女のときは自分の実家に里帰りしてのお産でした。当然、退院した日から早速沐浴です。実家の父、母、隣の県から来て退院を手伝ってくれた弟、私の四人がかりでやんややんやの大騒ぎでした。出産したのが11月4日で実家は北国なので、暖房はガンガンにつけていたと思います。より温かいところで入れてあげた方がいいであろうということで今のテーブル(コタツも兼ねているもの)の上に敷物を敷いてその上にベビーバスを置くことにしました。
    ベビーバスにお湯を溜めて温度を確認するのが父、赤ちゃんの服を脱がせる準備が母、タオルや重ねた着替えやおへそケアのグッズを準備しておくのが私、ビデオ撮影が弟と、なぜか大人4人がかり。ちなみに長女は両親にとっての初孫でした。何かしてやりたくて仕方がなかったんだろうと思います。
    赤ちゃんが大好きな沐浴、お湯が気持ちよくてにっこり微笑む娘を見て大人四人もうふふふふーって微笑んでました。(後から知ったところ、これは生理的微笑とかいって気持ちよさとか楽しさは関係ないらしいですが・・・。)幸せな気持ちになったし、何よりも娘の存在が家族をこんなに笑顔にしてくれるということを嬉しく思いました。

    余談ですが、空気でふくらますタイプのベビーバスを見て、母は「今はこんないいのがあるのね!場所とらなくていいわ!」と感嘆していました。昔はめちゃくちゃ大きいプラスチックの容器が普通で、たくさんお湯を入れないといけなかったそうです。
  • 沐浴のポイント

    約1ヶ月の沐浴で学んだことは、かけ湯は冷めるので(容器の大きさとかにもよりますが)かける直前に調達するか熱めの温度のものを用意しておくこと、赤ちゃんの体は空中で受け渡しせずに座布団の上にバスタオルを敷いたもの等で受け取ること、お湯に浸かっているときは赤ちゃんにガーゼを握らせておくと安心できるらしい、良い記念になるのでビデオ撮影しておいてよかった・・・等です。2人目の長男の経験も踏まえると、上記に「キッチンのシンクにベビーバスを入れたほうが何倍も効率がいい」が加わることになります。
    2人目のときは市販の沐浴剤(スキナベーブ)を使いましたが、1人目のときはクリニック推奨の沐浴剤(写真のものです。溶液はおしりふきにもできました)を購入して使いました。どちらもトラブル等はなかったんですが、クリニックで購入したものの方がかなり経済的だったかと思います。
    とても楽しい沐浴の日々でした。できるものならまた体験したいです!

みんなへメッセージやアドバイス

大変な時期だとは思いますが、今しかない貴重な時間だと思って楽しんでくださいね!!!
0

上へもどる