カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 読み聞かせに悩んでる方。主導権は子供にもたせてみましょう。
ママの悩み

[2歳]読み聞かせに悩んでる方。主導権は子供にもたせてみましょう。 [育児の体験談]

404人に読まれました
2015-08-14 01:23
読み聞かせってしてますか?
読み聞かせは子供にとって良いことだからすると良い。なんて言われたりしたのでいざやってみると、
ページを勝手にめくったり、勝手に本を閉じたり、そんでもって違う本を持ってきたり、。。
話がまったく終わらんじゃないかー!
読み聞かせなんて段階になたないじゃないかー!

と雄たけびをあげそうになったことありませんか?
私だけかもしれませんが、私は多々ありました。

何故なんだ。
どうしてこの子は本を読むのをおとなしく聞いてくれないのだ。
と悶々とした事数知れず。

理想は本を読みながら。。
本を読む途中でチラッと子供を見て
「あら。寝たわね」
と優しく微笑み電気を消す。
というパターン。

んなもん出来るわけ無いじゃろ!
と思ってましたよ。

で、悩んで行き着いた結果なんですが、読み聞かせって誰の為にしているか?って事だったんですよ。
子供の為にと言いながら自分本位で読み聞かせをしようとしている時点で大人が読み聞かせの主導権を握っているんです。

そこで子供に主導権を握ってもらい自由に本を読む事に付き合うことにしたんです。

ページを飛ばしてもそのページについて話します。
桃太郎なら鬼が出てきたねー。
鬼やっつけちゃったね。
です。
たとえ飛ばす前がおばあさんが桃を拾った場面だったとしてもです!

話を理解する事よりも興味が違うところにあるのですから、それにつきあってあげるのです。

持ってきた絵本はどれでも付き合います。
文章が無い絵だけの本でもです。

これが像。
これがきりん。
と読み上げる事は可能ですよね。

そうする事で興味が自然と本に沸いてきて、子供自身が本をしっかり読み聞かせて欲しい体制にはいる年齢がきた時に読んであげればいいのです。

それに気付いた2人目の子は未だに本が大好きです。
1人目の時は何故なのだーと悩んでましたが、2人目が本が好きで読んでいたら自然と一緒に読み聞かせの輪に入ってきていて、今も本はよく読んでいます。

子供に主導権を持たせての読み聞かせ。お試しあれ。
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる