カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. ママの失敗 - 吸水性ポリマーの逆襲
ママの悩み

[0歳10ヶ月]ママの失敗 - 吸水性ポリマーの逆襲 [育児の体験談]

1286人に読まれました
2017-01-19 12:47
日頃お世話になっている、紙おむつ。
長時間熟睡、驚きの吸収力・・・・その正体とは・・・!
そして、ついにおんぶ紐購入。我が家の新しい救世主登場です。
  • 洗濯機を開けたら・・・・

    手早く家事をこなしていかないと、全く何もできない0歳児育児。

    10か月に入り、後追いぐずりが激しくなった息子。
    お風呂に入って着替えさせ、急いで脱いだものをお風呂のお湯を使って洗濯。
    残り湯を温かいうちに洗濯に使うと、汚れ落ちがいいんですよね。

    しかし、その日洗濯機をあけると異常な光景が・・・。
    目の前にデカデカと存在感をあらわにしているのは、通常の3倍ほどになった紙おむつ。
    それだけでも「ええ!!!?」と叫びたくなるのに、洗濯機のふちにはびっしり魚の卵のような半透明の粒々が!!
    これがかの有名な吸水性ポリマー!?
  • 涙の再洗濯とおんぶ紐購入へ

    ベビーサークルを抜け出すと30秒以内に射程範囲に戻らないと警報と化す息子。
    私が洗濯機の前で愕然となっている間に、レベルはマックスに達しておりました。
    これは近所迷惑。

    しかし、このまま洗濯機を放置するわけにもいかず・・・
    洗濯物を取り出し、掃除機で吸水性ポリマーを吸出しにかかります。

    同時に掃除機の爆音をはるかにしのぐ警報を息子が発しだします。
    仕方がないので、エルゴの抱っこひもで息子を背負い、ガクガクさせながら戦地に戻ります。

    掃除機で洗濯そう内のポリマーを吸い取った後は、洗濯物に付着したものを取り除き、再洗濯です。
    息子は初めての家事追体験にご機嫌。そして、周りの目新しいもの全てに関心を示します。
    おんぶをしてママの動きを追体験することは、脳育に良いという話ですが・・・。
  • どうしてもっと早くに買わなかったのだろうか…

    エルゴの抱っこひもでおんぶは可能なのですが、頭を固定するものがないため角度、位置によっては上記のように息子の上半身が安定せず左右後ろにガクガク。

    今までおんぶ紐購入について悩んでおりましたが、歩き出したら「おいていかれた」とわめくこともなくなるだろう・・・と思っていたこともあり買わない方向で過ごしていました。
    しかし、今日ばかりはやっぱり買うしかないという結果を得ました。

    3000円程度で手に入る、昔ながらの抱っこ紐。
    エルゴに比べるとちょっと装着に手間取りますが、背中への密着率抜群で安定感があります。

    なにぶん背負っているので、傾斜をとらない家事全般が大概こなせます。
    家事がなかなか思うようにはかどらないストレスが、ここで一気に解決できたことによって連鎖していた他のストレスも軽減。
    なぜ、もっと早くにこれを買わなかったんだろうと後悔。

    5か月くらい、クロス抱っこ紐と入れ替わりくらいで購入していれば私はカリスマ主婦に慣れていたかもしれない(言い過ぎ)と思うと、悔しくてなりません。

    とはいえ、デメリットがないわけではありません。とにかく肩が凝ります。そして、背面なので何しているかわからないこと、息子がしんどいかどうかなどの状態が把握しづらいこと、頭あてはついているものの、本気で寝るとこぼれおちそうになること・・・そして、装着に慣れがいること。

    デメリットを多く書きましたが、これを払しょくするくらいストレスは軽減します。
    もし、同じような悩みを持っているママさんに遭遇したら、ぜひおんぶ紐をおすすめしたいくらいです。
1

上へもどる