カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 妊娠にいたるまで③ ~私の基礎体温と今後の不妊治療~
妊活

妊娠にいたるまで③ ~私の基礎体温と今後の不妊治療~ [妊娠・出産の体験談]

503人に読まれました
2015-08-17 17:48
基礎体温をつけ始めてから半月ほど経ったころでした。
産婦人科で診察があったので、つけていた基礎体温のグラフを持って診察室へと向かいました。
その日は先生からグラフを見せるように、と言われ不安ながらも先生に見てもらいました。長い沈黙の後、「上下の幅の起伏が激しすぎる」とのこと。
まだ半月なので様子を見ないとわからないところもあるみたいでした。が、どうやら私は標準の基礎体温ではないみたいです。
その言葉で一気に不安になってしまいましたが、まだあきらめるのは早すぎる!と思い次の診察まで根気強く体温チェックを欠かさずするようにしました。

しかしここで問題が発生!
私と旦那はお財布を一緒にしているので、度重なる病院の診察代がそろそろバレそうだ。ということです。不妊治療に関する病院の診察代は保険の対象外になるので毎回の請求額が高いのです(*_*)
次の診察ではいよいよ子宮がんとか、子宮頸がんの検査もするみたいなのできっと料金もぐんと高くなるんだろうな。と思うと同時に、いよいよ不妊症の疑いがあって病院に通っていることを言わなければならなくなりました。

こんなことになるんだったら、初めから言ってたほうが良かったかも。と後から後悔しましたがもう遅いですよね。
きっと旦那はこのことを理解してくれるだろう。と信じることにしました。

それから1週間したころに、ついに私は旦那に報告をすることを決心しました。
0

上へもどる