カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. りんご病は感染中は無自覚・無症状で気付きにくい。
病気と症状

[1歳6ヶ月]りんご病は感染中は無自覚・無症状で気付きにくい。 [育児の体験談]

630人に読まれました
2015-08-15 23:22
りんご病って本当にほっぺが赤くなるんだ。
りんご病に子供がなった時の感想です。

ある日手足に斑点が出来ているのに気付きました。
異常な赤斑に驚きもしかして食物アレルギー?(食物アレルギーの赤斑に似ていたので)かと思って子供に痒みは無い?と聞いたけど
無い。
と。
痛みは?と聞くと無いと答えました。
腕や足にレース状の赤い斑点が出ていました。
斑点が盛り上がってはいませんでした。

その後赤みも無くなり、本人もいたって元気だったのと、赤い斑点の場所が手足と、外部に触れる部分だったので何かにまけてしまったのかな?
くたいに感じていました。
肌の色がとても白く、冬だった事もありいつも頬が赤めなので
頬の赤みをそこまで感じなかったのです。
そして数日後、
2人目の子供に同じ様な斑点が出たのです。
そしてお腹に出ていると気付いた時に
頬に強い赤みが出ている事に気付きました。


そして子供に聞くと
足や手の関節が痛いと言っていました。
急いで病院に行き言われたのがりんご病でした。

りんご病は頬に赤みが出た時点で感染力は非常に弱くほぼなくなっているとの事で登園も出来ます。
と病院の先生には言われました。
1人目の子供の斑点の話をすると、おそらく1人目のお子さんもりんご病だったのでしょうと。
そして個人個人で症状が大きく違うんですよ。とも言われました。

登園しても良いといわれましたが
頬が高熱でもあるのか!?くらい真っ赤になって、本人も関節痛と倦怠感の訴えがあったので幼稚園はお休みさせました。
りんご病は気付く様な症状が出た時には感染力がなくなっているのですが、
感染中は熱が出る事も無く、無症状に近いので気付きにくいようです。

頬がいつもより赤い。レース状に赤い斑点ができた。となるとりんご病かもしれません。

また、大人がりんご病になると長引いたり重症化する事が多いので注意が必要です。
2

上へもどる