カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 妊娠にいたるまで⑥ ~不妊治療の検査で意外なことが~
妊活

妊娠にいたるまで⑥ ~不妊治療の検査で意外なことが~ [妊娠・出産の体験談]

583人に読まれました
2015-08-17 17:42
基礎体温をつけ始めて半年。定期的に産婦人科へ検診へ行く日なのですが、今日は違います。
今回は色々な検査を行うのです。まずは、そもそも旦那に赤ちゃんができる能力があるのかどうかを調べる検査。そして同様に私にもその能力があるかどうかを調べるのです。
検査方法はいたって簡単で、内診で5分程度で終わるものでした。結果はすぐには出ないらしいので、とりあえずその検査結果が出るまでで待っていてください。とのことでした。
検査結果がいつでるかは未定だったので次の予約もしないままその日は帰りました。

いつ結果が出るんだろう~と、ちょっぴりの期待と大きな不安。もしかして…と悪い方向にばかり考えてしまってその日は、中々寝付けませんでした。

それから2週間程経った頃だったと思います。
ついに産婦人科から電話がかかりました。「検査結果がでたので来週の月曜日に来院してください」とのことでした。

そして色々な思いを抱えながら、ついに迎えた月曜日。
先生から聞いた検査結果は意外なものでした。
「今回の検査で旦那さんの方に種があるかどうかを調べたのですが、数がとても少なかった」そして「奥さんの方には、赤ちゃんにミルクを与えるホルモンが多くで過ぎているから、体が勝手に妊娠状態になっている=だから妊娠できないと思われる」と言われました。
つまり、どっちにも赤ちゃんが授からない理由があったのか、とまさかの結果になりました…
1

上へもどる