カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 歯の悩み >
  4. 虫歯対策
歯の悩み

[1歳6ヶ月]虫歯対策 [育児の体験談]

385人に読まれました
2016-10-20 15:57
次女、ただいま歯医者さんに通院中です

毎日歯磨きをしっかりしていても、虫歯が出来てしまいました
  • 寝る前の母乳に要注意

    次女、1歳過ぎから上の前歯の付け根が
    白くなってきていました

    ずっと気になっていたので1歳半検診のときに聞いてみると
    どうやら虫歯予備軍とのこと

    次女は歯が生え始めたころから、ずっと歯磨きをしていて
    私たち家族も虫歯菌がうつらないように気を付けてはいたし
    本人も歯ブラシが大好きなので、しっかり磨けているつもりだったのですが

    なんと。寝る前・夜中の授乳に原因が!

    いくら寝る前に歯磨きをしていても、夜中に授乳をしていると
    どうしても上の前歯の周りに残ってしまい
    その糖分で虫歯になりやすいんだそうです

    下の歯は唾液で流れるけれど
    上の前歯はデッドスペース

    虫歯菌も完璧に排除することはやはり難しいので
    それで白くなってきているんだよ~と
    教えてもらいました

    1歳半の時にはすでに断乳していたので
    その後は気を付けて歯を磨いていたのですが
    一度白くなった歯は戻らないし、少しづつ少しづつ進行するようで
    2歳過ぎるころには、少しづつ茶色くなってきてしまいました
  • ゆっくり歯医者さんになれること

    茶色くなってきてしまうと、やはり治療しかないのですが
    幼稚園前の子どもに、歯医者はやっぱり怖いですよね

    次女が通っている歯医者さんでは
    こまめにフッ素に通いながら、歯医者の雰囲気や音、イス、先生に慣れることで
    スムーズに治療できるようになるよ~とのことで
    長期的に診てもらうことにしました

    私の三女出産などで、通えない時期もありましたが
    少しづつ慣れたようで
    2歳10か月
    少し歯を削って、軽く詰める治療までできるようになりました!

    そもそも、この時期に治療が必要なようになってしまったことが問題ではあるのですが
    なってしまったものは、やはり対処しなければなので・・・
  • 歯ブラシのコツ

    歯ブラシ、嫌がる子どもも多いですよね

    次女は小さいころから歯ブラシをくわえていたので
    嫌がることなく、歯磨きしてくれますが
    お友だちには毎日羽交絞めしながらだよ~という人も。

    歯医者さんの友人にコツを聞いてみたところ

    上の前歯の真ん中
    歯茎と唇の間にひだみたいなものがあるんですが

    そこに歯ブラシが当たると、嫌がる子どもが多いんだそうです

    1歳代のころはそれさえも難しいかもしれませんが
    すこしお話が分かるようになってからは
    歯ブラシの大切さを話すのと一緒に
    その部分を手で押さえながら、歯磨きするのもいいよ~とのことでした!

    あとは、自宅でできるフッ素もやらないよりは、やったほうがいいし
    キシリトールなんかも効果があるそうです

みんなへメッセージやアドバイス

子どもの虫歯、できれば作りたくない!その思いは一緒だと思いますが
もしできてしまったら
対処法や歯磨きのコツなど、いろいろとあるようです

いい歯医者さんを見つけてあげることも大事ですし
日頃の母の努力も必要だな~としみじみ感じています

三女も歯が生えてきたので
早いうちからケアをしてあげたいな~と思っています
1

上へもどる