カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. ベビーサークル まさかの使い方
事故予防・安全

[0歳3ヶ月]ベビーサークル まさかの使い方 [育児の体験談]

3956人に読まれました
2015-08-18 08:18
我が家は構造上、キッチンに侵入防止柵が付けられません。
家事中でも容赦なく息子がやってきます。
コンロや包丁もあって危ないのでキッチンに入らせないようにしたい…
と思い、ベビーサークルを買いました。
しかも赤ちゃんを中で遊ばせておけるし、目の届くところに置けるから絶対に便利!と思ったのです。

<使用してみて>
さっそく組み立て♪
息子も「なんだなんだ?」と物珍しそうにやってきます。
カラフルな自分専用の部屋ができ、楽しそうに遊んでくれました。
これで家事が捗るわ♪1日目は息子も私も大満足♪

2日目、昨日のように中にお気に入りのおもちゃも入れて、いざ扉を閉めると…

ぎゃーーー!!!

え!?笑
扉を閉めると大泣きです。この世の終わりみたいな泣き方です。
あの~まだ1日しか使ってないのですが…
この日は家事中も終始べったりでした…

その後も一緒に入ると大丈夫なのに一人で入れると大泣き、ということが続き、結局使用できないままに。

<現在の姿>
たった1日使って捨てるなんて勿体ないことは出来ないので、現在は私や主人の荷物を置く場所になっています。笑
息子が触ると危ないもの、パソコンの使用、スマホの充電もこの中です。
まさかベビーサークルに大人が追いやられるとは…
この文書もサークル内で書いています。

みんなへメッセージやアドバイス

本来の使い方が出来なかったですが、息子に触られたくないものを簡単に避難できるので、これはこれでよかったかもしれないと思っています。
2

上へもどる