カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 初めての出産⑤ ~体力の限界、夜~
出産

[40w]初めての出産⑤ ~体力の限界、夜~ [妊娠・出産の体験談]

1409人に読まれました
2015-08-18 13:17
第一子である息子を出産した時のことを振り返ろうと思います。

深夜から夕方まで陣痛の痛みに耐え、ろくに休めずご飯も食べられずに本当につらかったこの日。
子宮口も全然開かないし、ただただ痛いし、いつ終わるのかなんてまったく分からないから体力と精神力が削られていきました。
出してもらった夕飯も食べられずに夜の8時ごろ、今までよりももっと痛い陣痛がきました。
この時思ったのは、「すごいウンチがでそうな感覚!!」でした。
いきみたいってこういうことなんだろうなぁとこの時思いました。

しかし、まだ子宮口が開いてないのでいきめず、持ってきたゴルフボールをお尻の穴にあてて必死にいきみ逃しをしていました。
このお産で一番役立ったのがこのゴルフボールだと思います。
妊娠中に読んでいたエッセイに書いてあったので「一応持ってくか」くらいの考えだったのですが本当に助かりました。

ゴルフボールでいきみ逃しをして、それでも耐えられないくらいの痛みになってきました。
子宮口を見てもらうとようやく8cm。
これでもまだ全開じゃないのか!!ともう誰に向けてなのか分からない怒りが沸いたのを今も覚えています。

母に思いっきり腰を強くさすってもらって、呼吸法で喉も痛くなり、この時がもう本当に本当に一番つらかったと思います。
赤ちゃんを産むのは命懸けで、なによりとにかく尋常じゃないくらい痛いんだなぁというのを身を持って知りました。


1

妊娠40w前後の体験談

上へもどる