カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. 歯の変色は悪阻の時の栄養不足と言われた話
成長の目安

[1歳0ヶ月]歯の変色は悪阻の時の栄養不足と言われた話 [育児の体験談]

783人に読まれました
2017-02-01 16:33
子供の歯が生えてきたのが7ヶ月。

初めは気付かなかったのですが、しっかり前歯が生えてきて歯の本数も増えてきて1歳の時に歯医者さんで言われてしまいました。
「お母さん悪阻が酷く無かったですか?」と。

前歯が生えはじめから黄色く変色し虫歯の初期段階にある。
生えてきている段階から歯がこの状態と言うのはお母さんのお腹の中にいる時、歯が成長する時期に悪阻が酷く栄養が十分に取れていなかったのが原因ではないかといわれたのです。

確かに重度悪阻でした。
飲む事すらできず、7ヶ月まで私の体重が妊娠前の体重より増える事が無く悪阻が続いていたくらいでした。骨があたって座る時に痛いくらい。
そうほぼ飲み食いしていませんでした。

心当たりがありまくりなので、子供に申し訳なく思ってしまいました。
しかし、そんな状態で生えてきてしまっているものをどうする事もできません。
しっかりケアをしていかないと、元から弱いので虫歯になりやすいといわれたのです。

その歯は前歯。
その日からいつも以上に磨きました。
歯が弱っていたい思いをしたらかわいそうだからと。

しかし、それから2年後、そのかい虚しく前歯が虫歯になったのです。
そうです変色してしまって生えてきたあの歯です。
結局、様子見から更に進行してしまい治療する事となったのでした。
生えてきた時から黄色く生えてきていたら要注意だと思います。

虫歯になりやすい歯なので念入りに歯磨きしてください
1

上へもどる