カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 絵本が本当に大好きな9ヶ月の息子
遊び・あやし

[0歳9ヶ月]絵本が本当に大好きな9ヶ月の息子 [育児の体験談]

380人に読まれました
2015-08-21 08:14
我が家は息子が2ヶ月になった頃から、近所の図書館に週2~3回は行っています。
小さい子用の絵本が充実していることもあり、毎回絵本を5冊借りて家で読み聞かせをしていました。
そんなことを言うと英才教育!?と思われそうですが、決してそうではなく、単純に田舎なので行動範囲が限定されるのです。
スーパー、子育て支援センター、図書館、これしか息子が楽しめるところがない。笑

でも、小さい頃からの読み聞かせの効果もあってか、今や絵本が大好きです。
家の本棚にある絵本は毎日すべて読まないと気が済まないほど。
読み終わると「もっと読め!」とばかりに絵本を叩いて怒りだします。

お気に入りを勝手にご紹介。

●だるまさんが(かがくいひろし作)
全国的に人気の絵本です。
「だ・る・ま・さ・ん・が … どてっ」のフレーズにあわせて転ぶマネを上手にします。笑
絵と音で覚えているんだ、と思うと成長を感じます。

●だ~れのおうち?(きむらゆういち作)
これはスライド式の仕掛け絵本です。
動物が隠れているドアを「とん、とん、とん」と叩いてスライドさせる、という読み方を毎回していたら息子も同じように叩くようになりました。
大人のやることをしっかり見ているんですね~。
そして動物が見えると拍手です。笑

●はじめてえほん あいうえお(いしかわひゅうが絵)
「いろ」や「かず」などもあるシリーズものです。
小さいサイズでページもめくりやすく、暇さえあれば一人でおしゃべりしながら見ています。
絵を指さしながら「あじゃ!」「しゅ!」とか言っているのを聞くと、自分なりの言葉があるのかな~と面白いです。

みんなへメッセージやアドバイス

絵本の内容や意味はわからなくても、赤ちゃんなりに毎回いろいろ吸収しているんでしょうね。
2
上へもどる