カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 寝たふり作戦が通用するようになりました・・・☆
睡眠(ねんね)

[1歳0ヶ月]寝たふり作戦が通用するようになりました・・・☆ [育児の体験談]

351人に読まれました
2015-08-27 21:34
1歳で断乳するまでは、寝かせつけはすべて授乳しながらでした。”本当に自分で寝られるようになる日が来るんだろうか”と心配でした。やはり断乳から2週間くらいは、眠くなっても寝方が分からないみたいで大泣きして、抱っこひもで寝かせつけていました。抱っこひもからおろしてもすんなりは寝られず、起きてしまうこともあったので、寝かせつけに1時間ほどはかかっていました。

しかし1か月もせずに、だんだんと慣れてきて、時々自分でゴロゴロしながら気づいたら眠っているということも増えてきました☆寝る時間になると、寝室に移動するだけで最初は大泣きしていたのですが、好きなおもちゃを持ってきてもいいよと言うことと、寝室を閉めてしまわずに、自由にリビングへも行けるようにしておくことで、あまり嫌がらなくなりました♪その分自分で自由にうろうろしてまわるので寝るのに時間はかかってしまいますが、大泣きされるよりはずいぶん楽です;;またその間ママもリラックスして寝室でのんびりできるので一石二鳥☆部屋の間取りにもよりますが、うちは寝室とリビングがすぐつながっているので、何をしているのかはだいたい見ることができます。もしも離れているようであったら一応目の届くところまで行ってあげましょう。子どもも一人きりはあまり好きではないと思うので、すぐにママのところに戻ってくると思いますが(笑)

子どもが寝室に戻ってきてゴロゴロと始めたら、傍で寝たふりをしてみると最初は嫌がるのですが、だんだんと寝るモードに入ってくるようで、寝てくれます☆なかなか寝られないようであったらトントンしてあげたりします♪その時の子どもの眠さとかがだいたい目を見れば分かるので、そこで判断するといいでしょう☆

みんなへメッセージやアドバイス

夜はママも疲れているので、できるだけすんなり寝かせつけたいですよね!ママも楽で、子どもも泣き寝入りではないやり方がいいですね・・・☆
3

上へもどる