カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 妊娠初期。何を食べたらいいか思いつかない…!!
妊娠中の生活

[8w]妊娠初期。何を食べたらいいか思いつかない…!! [妊娠・出産の体験談]

660人に読まれました
2015-08-22 23:16
もともと、食べるのも飲むことも大好きでした。
それなりに体重もしっかりあって、助産師さんには出産までに「±0キロを目標に!」なんて言われてしまう体格の良さ……。

食べたいものが思いつかない…なんていうことは、よほどの体調不良でもないかぎりありえなかった私。

しかし妊娠初期は、なんだかぐっと食べ物に関する興味が減ってしまっていたのです。
妊娠が5Wあたりで発覚してからしばらくして、通勤のバスで軽く気持ちが悪くなることがありました。
それまでは乗り物酔いはあまりしない方だったので、自分の変化に驚きました。
今思うとあればつわりだったのかと思いますが、それが原因で食欲が激減することや吐き気がするということはなかったのです。

ただ、
「お腹が空いてて食べたいけど何が食べたいのか、思い浮かばない」
という状態。
色々と食材などを手に取ってもなにかピンとこない。作りたくない。
でも何か食べなくちゃ…どうしよう。

「食べづわり」でもなければ「吐きづわり」でもない。
何だか困ったこの状態。

働いてはいたものの、毎日の夕飯を作る身としてはスーパーでぼんやりする日々でした。
それに、妊娠初期は無理も禁物ながら栄養もきちんととらねば!と自分の頭の中で強く考え過ぎていたところもあって今思うとそれが、余計にプレッシャーになっていたのかと思います。

もやもやを解消するべく、妊婦検診で助産師さんに軽く相談したところ、
『お腹の赤ちゃんが初期に必要な栄養は大人が思っているよりも少しの栄養だから、調子が出ないのに無理やり食べなくていいよ!』
と言われほっとひと安心。
『むしろ、栄養取らなきゃ!って初期からたくさん食べる人からそっちを気をつけてね…!
と言われてしまいました。そうか…。

とりあえずはオットが食べたいものを作って、自分が食べたいものだけちょこちょこ食べたり。水分だけはしっかりとって、だましだまし過ごしていました。

それから少し経って、バス酔いのつわりも無くなったころから次第に食べたいものが出てくるようになって、元気も出てきました。
一時的なものだとわかってはいたものの、普段の自分からは想像のつかない心境や体調になることに改めて妊婦なんだなぁと実感したと同時に、相談することの大切さを知りました。
0

妊娠8w前後の体験談

上へもどる