カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 口の中がパックリ
ケガ・応急処置

[1歳10ヶ月]口の中がパックリ [育児の体験談]

840人に読まれました
2015-08-27 00:02
朝、次女が起きてきて私が座っているところへと猛ダッシュ。
そのままつまずき、テーブルの淵に思いっきり顎の上の辺り、下唇の下をぶつけました。

大泣きする娘をなだめながら、
傷口をみます。
切ってしまったようで、血がダラダラとでてきます。
ティッシュでしばらく押さえていると血も止まってきたので、
下唇を少しめくって傷口をみてみると
パックリ深く大きな傷ができていました。
思ったよりも傷が深くてビックリしました。

傷の割りにはすぐに娘は泣き止んで、毎朝食べているチーズを欲しがり、あげるとモグモグ食べていました。

それから、野菜ジュースを飲んだりしたので傷はそこまで痛くないようでした。

でも、
「いちゃーい。いちゃーい。」と時々言っていました。

それでも、普段通りにお姉ちゃんと2人で遊んでいるので、
ネットで口の中の傷について調べてみると、

そのままにしていたら膿んでしまったとか、
化膿して熱が出たなどもありました。

心配になったので、口腔外科のある1番近い歯医者を探しましたが、
運悪く土曜日だったので、小児歯科があるところがありませんでした。

それでも、土曜日でも空いている車で10分の場所にある歯医者が見つかったので電話で問い合わせてみると、
すぐ来てくださいということだったので急いで支度をして歯医者へ向かいました。

そこは、完全予約制の矯正やインプラントなどの治療に力を入れている歯医者だったので子供連れの私達は場違いのように感じました。

しばらく待つと、診察室に通されました。
すると、なにかを感じたのか次女が大泣きし出しました。

抱っこをして診察台に座りましたが大泣きで口の中を診てもらうことができませんでした。

先生は、口の中の傷だからそのままで大丈夫。大人と違って菌が少ないから膿んだり化膿したりもしない。
泣き方を見ても、顎などに異常もないので傷を診てもなにも治療はないので大丈夫です。

と言われました。

予約もなく飛び込みだったのに、丁寧に優しく診察してもらえてとても安心しました。

先生の言うとおり、傷口は2日目には殆ど治っていました。


ですが、だんだん内側の傷ではなく、
外側の直接テーブルにぶつけたところがだんだん酷くなってきました。

怪我をした直後は少し擦れている程度だったのが、赤く目立つ傷になり、娘も気になるのか掻いてしまい、血がでる。
カサブタになったらまた掻いてしまい血がでるの繰り返しで、やっと治ったあとも赤い痕が残ってしまいました。

だんだん目立たなくなると良いのですが。



1

1歳10ヶ月前後の体験談

上へもどる