カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 子どもが産まれて初めて分かったこと変わったこと
ママの悩み

[3歳]子どもが産まれて初めて分かったこと変わったこと [育児の体験談]

324人に読まれました
2015-08-25 12:16
育児してみて初めて分かったことをまとめています。

・赤ちゃんがいる生活はのんびりしていると思っていた

子どもがいない時には、街で赤ちゃんをベビーカーに乗せたり、抱っこ紐に入れて歩いているママさんを見てのんびりしていて朗らかで幸せそうだなあと思ってました。
実際は赤ちゃんがいるのは確かに幸せな時間です。けれども数時間ごとの授乳や、抱っこしても泣き止まない事もあるし、夜泣きで寝不足だし、寝ているだけでも息をちゃんとしてるか、肌トラブルの有無のチェックとか、けっこうハードでのんびり朗らかな時間とはほど遠いものでした。

・キャーキャー叫ぶ子どもが正直苦手でした。

子どもが歩き出すようになると、キャーキャー言って走り回ることも出てきました。
もちろん迷惑がかかる場合は、即止めさせて抱っこして場所を強制的に移動します。
他所の子がキャーキャー言いながら走り回っている姿を見ると、「ああ、しょうがないよねえ。」と寛容になれるようになりました。

・干物女子から卒業できたかも。

恥ずかしながら、筆者は今まで掃除が適当でした。
でも赤ちゃんが埃を吸い込むとアレルギーの原因になると耳にしてからは、毎日の掃除機がけ+クイックルワイパーで念入りに掃除が出来るようになりました。
やがて2人目が産まれて掃除も適当に舞い戻りしつつありますが、それでも以前よりかはきれい好きになりました。
1

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる