カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 陣痛が始まった!~出産までの記録②
出産

[40w]陣痛が始まった!~出産までの記録② [妊娠・出産の体験談]

706人に読まれました
2015-08-31 15:31
1月9日の夕方18時頃、陣痛の感覚が10分~15分になってきたので入院。実家にいたので、母に付き添ってもらいました。そのあと、仕事を終えた夫も合流。

入院してすぐに助産師さんに内診してもらうと、すでに子宮口が4cm開いているとの事。「痛いでしょう?よく我慢してたね」と言われたのですが、実際の私は本当にまだまだ余裕状態でした。

どうやら微弱陣痛のようで、なかなか陣痛が強くなりません。入院してから確かに陣痛の痛みは強く、間隔も短くなっているのですが夫と笑いながら話が出来るくらいでした。

何度か内診をしてもらいますが、子宮口は開いてきていても陣痛は弱いままでした。助産師さんに、「余裕だね~」と何度も言われました。

日付が変わり、朝方近くになるとかなり陣痛が強くなってきました。痛みがきている間は本当に辛いのですが、陣痛の合間にはまだ話が出来ます。

自分的にはかなり痛いのですが、助産師さんが私の様子を見ると「まだまだだね、こんなんじゃ産まれないわ」と言っています。
「これより痛くなるのー?!」と、若干ビビりながらもまだ少し余裕がありました。

1月10日の午前6時頃、子宮口は開いてきているのに陣痛は弱いままなので、誘発剤を使用する事になりました。

すると、みるみる痛みが強くなりました。今までのはなんだったんだ!?これが本当の陣痛か!と痛みに耐えながら考えていました。

幸い、子宮口はすぐに全開となり、誘発剤を使用してから1時間ちょっとで無事に出産する事が出来ました。これは、本当にラッキーだったと思います。誘発剤を使用して、苦しむ人も多いようですので..

赤ちゃんは微弱陣痛だったためか少し酸素不足になり、しばらく酸素を吸っていましたが健康そのもので産まれてきてくれました。

結果的には、私は本当に安産だったと思います。お産の直前までにこにこ笑って、話をする事も出来ました。母もそばで励ましてくれたし、夫もずっとそばで見守り、出産にも立ち会ってくれました。本当に、家族に感謝ですね。

そんな優しい家族に見守られながら出産した私が出産直後に思った事は「あ~、スッキリした」です(笑)例えるなら、(ちょっと汚いですが)何ヵ月かたまっていた便がいっきに出た気分♪達成感でいっぱいでした。それから、聞いていたほど辛くない!というのが、私の感想です。

赤ちゃんが産まれて感動して泣くのかなぁ..と思っていたのですが、私の場合はその気持ちが沸いてきたのは出産後しばらくしてからでした。もちろん、赤ちゃんかわいくて大好き!な気持ちは、変わらないのですが。

出産は痛くて辛い事も多いのですが、あのスッキリ感はもう一度味わってみたいと思う私です(笑)
0

妊娠40w前後の体験談

上へもどる