カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. トイレトレーニング >
  4. トイレくんと仲良しになるには?
トイレトレーニング

[4歳]トイレくんと仲良しになるには? [育児の体験談]

478人に読まれました
2015-08-26 12:54
最近は年少組から入れるおうちが多いので、12歳になる娘の時代よりも、早いうちからトイレの練習が始まるように感じます。

小6、小3、小1の子供がいますが、3人子育てしても、やはり人格はそれぞれなので、上の子の体験がそのまま下の子にスッポリ当てはまるかというと、そうではないな~と最近、特に4月から小学生に上がった息子たちを見てると、感じます。

その子その子に合った接し方や伝え方があるんだなと、いった具合です。
そこで今回は「トイレトレーニング」についてお話したいと思います。

トイレトレーニングについては、長女が一番苦労しました。

トイレトレーニングだけではないですが、何をするのも初めてなので、長女に関しては、今でも手探り状態です。

話は戻りまして、長女のトイレトレーニングですが、とにかく本人にやる気がない!

でも母親である私は、ママさん友達から「トイレでするようになったよ~」と、話を聞くたびに、焦ってはいけないと分かっていながら、やっぱり焦っていました。

トイレトレーニングについては、今まで子供と一緒に過ごした中で、5本の指に入るくらいの、ダメダメ母ちゃんぶりでした。それは二番目の子の時のオムツ外しで心底反省したわけです。

しまじろうのトイレのビデオ何度も見せたり、いつでもおしっこができるように、部屋におマルを置いたり、また好きなおもちゃをトイレに置いて誘ってみたり、読み聞かせてみたり.・・・。

育児本やネットで見つけた方法を片っ端からやりましたが、全く娘の心には、響かなかったのでした。
尚更私は、オムツ外しに躍起になるばかり・・・。いい方向へ進むはずもありません。

つまり「本人にやる気がない」のですから。

かなりわたし的に頑張りました。それは、お腹ムズムズしたら教えてね、つぎはトイレでやってみようね、またおもらしの後始末をしているのを見せてみたりと、心ではメラメラしながらも、表面上は笑顔で・・・。

でも何をしても娘は知らんぷり。これ以上やったら私がおかしくなると思い、やめました。
そしていつ、長女がその気になるのかをずっと待っていました。

そんな長女はなぜか、しまじろうのトイレに行くビデオが好きで、よく見ていました。
それでも、トイレには全く関心を示しませんでした。これまた、私の中の不思議現象です。

 ところが年中組で入園する少し前になったときのことです。
夕飯の支度をしている時に、長女がしまじろうのトイレに行くビデオを見ていました。
そして、私の顔をチラチラ見て、更にはニヤニヤし始めたのです。

初めは「なんだろう?」と思って見ていたのですが、検討もつきませんでした。
ふとテレビを見ると、しまじろうのビデオを見ています。

すぐにピーンときた私は、おマルを用意したのでした。
そして、長女はおもむろに、おむつを脱ぎ、そしておマルに座って初めておしっこをしたのです!!

もうこれには本当に驚かされました。全く予期せぬ時に起きたのでした。
とにかく嬉しくて嬉しくて、たくさんたくさん、褒めました。

おマルに溜まったおしっこを見て、私はしばらく呆然としてました。トイレに流すことももったいなく感じるほどでした。

それ程までに待ちわびていました。苦労してトイレトレーニングをしたお母さんなら、この気持ちわかりますよね~。

ところが一度できたからといっても、すぐうまくはいきません。

幼稚園に入園してからも、毎日のように失敗して帰ってきました。それが夏休みまで続いたと思います。そしてウンチは更に半年かかりました。

冬休みのある日、「お腹が痛い」と泣いてきたのです。最初は適当に流していました、
また気を引くための言葉だと思ったのです。
ところが、たまたま私の母がそばにいて、「もしかして、トイレに行きたいんじゃない?」と言ったのです。

早速トイレに連れて行くと、なんとウンチをしているではありませんか!!
ようやく、「その時」が来たんです。

結局、本人からのサインを見過ごさずに、バッチリなタイミングで声をかけてあげることで、長女はできたのでした。実家の母のあの一言がなければ、また失敗し、自信がまたなくなっていたかもしれません。


『結局は本人のペースなんだなと、わかりました』

本人の「やってみるか」という気持ちが現れない限り、親が「やりなさい」、と言っても子供は答えてくれません。

無理強いは禁物だと身にしみたことでした。

そんな経験があったため、下の子達にはうるさく言わず、出来そうかな、という時に、声をかけていました。

「私にできるかな。」と思ったお母さん、絶対わかります!
毎日一緒にいるママだからこそ気づくことができると思います。


みんなへメッセージやアドバイス

『今、トイレトレーニング真っ只中のお母さんへ』

焦らなくても必ずその時は来ますよ!!

イライラして子供にぶつけてしまうなら、思い切って一度やめてしまう勇気も必要かもしれません。意外とそっちのほうが、スンナリ取れる可能性は高いように、私の経験から思います。

本人がやる気になったときこそ、その時なのです
Xデーがいつなのか、楽しみにして待つことは、子育てしている人にしかわからない特権です。

私は3つ幼稚園に行きましたが、トイレの失敗で怒られることありませんでした、
先生から相談されたことはありますが、時期が来れば。。。という結論でした。

子供が「トイレを嫌な場所」と思わず、「やってみよう」と思えるまで、『待つ』ことが親の勤めだと、思います。

それは、小さい時だけではありません。今もなお私や夫は、待つという忍耐の修行をしています。

「なんで出来ないの??」
その気持ち、ものすごく、わかります!!私もずっとそう思っていました。

でも、今の私なら「この子のトイレトレーニングは、今ではないんだな。もう少しまってみよう」と思えます。

また幼稚園に入れば、トイレはしょっちゅう行くし、お友達を見て刺激を受けると思います。「入園してからでもいい」くらいの、軽い気持ちでいる方が、ずっと楽になれると思いますよ。

気楽にいきましょう!

0

妊娠4歳前後の体験談

上へもどる