カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 新生児との入院生活~3時間おきの授乳
産後

[41w]新生児との入院生活~3時間おきの授乳 [妊娠・出産の体験談]

1377人に読まれました
2015-08-26 22:24
長くてつらーい陣痛を乗り越えて、無事にこの世に誕生した我が子。しわしわの身体、小さい手。壊れてしまいそうなくらいか弱くて、愛しい我が子との入院生活が始まります。

私の出産した病院では、出産当日はママの身体の回復を図るため、赤ちゃんのお世話は全て看護士さんがしてくれていました。まだお乳も張っていないため、ミルクを少しずつ与えてもらっていました。

一日のんびり過ごした後、翌日から3時間ごとの授乳が始まりました。翌日の朝には、私の胸はパンパン状態に張っていました。出産した途端におっぱいが作られるように出来ていて、生き物の身体ってすごいな~と感じた瞬間でした。

入院生活では、ほとんどが授乳、おむつ替えな日々です。

ふにゃふにゃの我が子を抱っこするだけでも恐る恐る..まだおっぱいを吸う力も弱いので、授乳だけでもかなりの時間がかかります。

おっぱいを吸っている途中で、赤ちゃんが眠ってしまう事もよくありました。毎回授乳前後に赤ちゃんの体重を図るので、十分な量が出ていないと赤ちゃんを起こしてもう一度授乳..といった感じでした。

私は割りとよく出る方で、赤ちゃんも吸うのが上手だった事もあり、慣れてくると20分くらいで授乳終了する事が出来ました。しかし、なかなかおっぱいが出ないママや、赤ちゃんがゆっくりしか飲んでくれないママなどは、1時間以上かけて授乳していたようです。ただでさえ寝不足なのに、本当に辛そうでした。

こうして我が子に授乳、おむつ替えを繰り返す事で、赤ちゃんとの絆を深くし、ママは赤ちゃんとの関わり方を学んでゆくのですね。

私の出産した産院は完全母子同室ではなく、ママの余裕が出来るまで、赤ちゃんをナースステーションで預かってくれるスタイルでした。なので基本は、決められた時間にナースステーションに授乳しにいく..という感じ。

私の場合は赤ちゃんがとてもよくおっぱいを飲んでくれたので、3時間で目覚める事は少なく、赤ちゃんが泣いたらナースステーションから呼び出しがかかって授乳しにいく..という感じでした。それもなかなか面倒になり、産後4日目からは母子同室にしました。よく飲んでよく眠る、本当におりこうな新生児ちゃんの我が子でした。


ただ、おっぱいが出すぎて困った事もありました。胸がガチガチに張るんですね。それはまた少し詳し記事にしたいと思います。
1

妊娠41w前後の体験談

上へもどる