カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 外で遊べない日の我が家のヒーロー
遊び・あやし

[11歳]外で遊べない日の我が家のヒーロー [育児の体験談]

342人に読まれました
2015-08-28 10:01
今年のような暑い日は、子供に「外で遊んでおいで」とは言えない夏でした。
外に出れない子供たちのパワーは、家だけではとても発散することは難しいです。

そこで我が家にはとっておきのヒーローがいるんです!

 『我が家にトランポリンがやってきた!!』

突然ですが、話は去年の秋にさかのぼります。ちょうど、体育の日で近所の体育館が無料開放されたのです。

そこにあったのが大きなトランポリンでした。。
子供たちは興味津々です。でも初めてのことだったのでしばらく様子を伺っていました。
そして、楽しそうに遊んでいるお友達を見て、自分たちもやりたくなったのでしょう。いざ挑戦です。

その時の楽しそうな顔は忘れられません。

そこで夫が、全身運動だし、バランスも取れるし、家でやらせてみようと言い、買うことになりました。

ネットでだいたい5,6千円前後で購入できます。我が家もそのくらいで買いました。

そしてついに、我が家にニューヒーローが来たのです!

やはり家庭用なので小さいですが、子供が遊ぶには十分ですし、狭い部屋の我が家にはちょうどいい大きさです。

それから子供たちはピョンピョン飛んで、終わると「疲れた~」と言い、持て余したパワーを発散しています。

そして飛ぶことにより、いつもとは違う目線で部屋を見渡せ、手の届かなった電気のひもに手が届いたりと、とても嬉しそうに飛んでいました。

このトランポリン、大人がやっても全く問題なく飛べるんですよ!
体重は100キロまでいけます。

私は足が悪いので、トランポリンはできませんが、ポッコリお腹の夫が「結構な運動量だよ、飛ばなくても歩くだけでかなり体には効いている」と言っていました。

しばらくすると、トランポリンの登場は減りましたが、それでも目につくところにわざと置いているので、気が向くとピョンピョンしています。

『夏休みが来ました』

冒頭でも話したこの夏の暑さ。
子供は3人の小学生がいます。女の子、女の子、男の子です。

当初の私の「夏休み平日計画」では、暑さが半端なかったので、近所のプールに子供たちを連れて行こうと考えていました。ところが、この夏に私の足の調子の悪さが復活してしまい、平日どこにも連れて行くことができなくなりました。

また、私自身もこの暑さにやられてしまい、子供と外で遊ぶことは、無理でした。

そうなると、子供は朝からゲームばかり。時間を決めてやらせてますが、夕方になると昼間体を動かしてない子供たちが、イライラし始め、ケンカはするし、家の中はハチャメチャ・・・。

そこで、ヒーローの登場です!!

3人順番にトランポリンで遊ばせます。ただ飛んでるだけではなく、柔らかいボールをトランポリンからこちらに、と投げ合いをしてます。

また3人の飛び方が違うことも分かり、上手に飛べる子のお手本をみせたりして、少しでも上達できるように競争心をもたせたり・・・。
長女の飛び方が、膝も使わずただ飛んでいたので、音もうるさく、飛び方に気をつけるように話したら、上手に飛べる回数も徐々に増えてきました。

少しでも体力を落とさないで新学期を迎えて欲しい、ゲームばかりで頭がぼーっとしているのは良くない、そして持て余したパワーを発散してほしくて、この暑い夏休みをトランポリンをうまく活用して過ごしました。



みんなへメッセージやアドバイス

『トランポリンの気になるところ』

我が家は集合住宅で6階に住んでいます。古い団地なのでどちらかといえば、住んでいる人は高齢者の方が多いです。そのため、音に関してはとても気を遣っています。

実はトランポリンを購入するときに、夫と「階下への音」のことで少し揉めました。でもやらせたかったので、なるべくうるさくならないように、試行錯誤し分厚いスポンジを買って脚の下に敷いたり、また分厚いゴム板をつけたりして今に至っています。

また先程も少し書きましたが、飛び方一つでも響く飛び方と響かない飛び方があることもわかりました。

気なることもありますが、子供と部屋で過ごさなければいけないこともあります。
子供が楽しみながら体を動かせる方法として、我が家のトランポリンを紹介させていただきました。




1

妊娠11歳前後の体験談

上へもどる