カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 幼児食 >
  4. 夏の楽しみ冷凍おやつ
幼児食

[3歳]夏の楽しみ冷凍おやつ [育児の体験談]

289人に読まれました
2015-08-28 11:14
3歳7ヶ月の娘、今年から沢山アイスクリームを食べる機会があり、その美味しさにハマってしまっています。
先日はお出かけの時に、グロムのジェラートを食べたのですが、初めて食べるその美味しさに黙々とずっと食べ続けてました。

家でも毎日のようにせがまれますが、毎日食べさせるわけには行かないので、色々なものを凍らして冷たいオヤツをあげています。
保育園から帰ってきたときでも、一口だけと約束して夕食に響きにくくしています。

パパも休みの週末なんかはかき氷機を出して、皆で食べるのがブームの我が家。
わざわざ手動のかき氷機『キョロちゃん』(ハンドルを回す度に熊さんの目がきょろきょろ動きます)で氷を削り、子ども向きエンターテイメント性も兼ね備えたおやつの時間となります。
一歳代の息子も今年かき氷デビュー。初めて口に入れたときは「なんじゃこの冷たいの?!」という顔をしてましたが、慣れて来たらパクパク食べ始めました。

ヤクルトを凍らした物も、子どもに大人気です。
あのまったりした甘さが和らいで爽やかな酸味となります。
製氷皿に入れて凍らした物をお皿にあけてフォークでざくざくして食べ易くします。
凍らすときには製氷皿にうつしています。

フルーツをそのまま凍らしたのも人気です。
食べきれなかったパイナップルやバナナも子どもは大好きです。
フルーツなら罪悪感もあまりなくあげられます。
凍らすときにはジップロックに平べったく入れて取り出し易くしています。

1

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる