カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. 二度寝、お昼寝ができるようになったママの日常
成長の目安

[0歳10ヶ月]二度寝、お昼寝ができるようになったママの日常 [育児の体験談]

1134人に読まれました
2015-08-30 22:48
相変わらず同じエリア内にいないと泣き叫ぶ息子。
しかし、同じエリア内にさえいればお昼寝していても大丈夫なようになりました。

  • 同じエリア=ベビーサークルの内側

    我が家では寝室(和室)の入り口からダイニングの半分までをベビーサークルでくくっています。
    お料理中に油や熱湯でけがをされても困ることから、ガスレンジ付近に近づかないようにするためです。
    触ると危険なもの、触ってほしくないものもダイニングに押しやっています。
    私の用事は、この危険エリアで行うことがほとんどですが、それが故にベビーサークルから外側に出ると、途端に不機嫌になります。
    言い換えると、ベビーサークル内、息子のエリアに入っているとそこそこご機嫌は良いようです。
    今までなら四六時中、一緒に遊んでいないとダメだったのですが、このエリア内に私が入っていれば一人で遊び始めるようになりました。
  • ○○時になったら起こしてね

    初めは横になっていたら、乗っかってきたり髪の毛を引っ張ったりしていた息子ですが、最近では横になっている私のお腹を背もたれにしておもちゃや絵本で遊んでいたりします。
    時間がわかるわけではないと思うのですが、「あと30分だけ寝かせて」や「○○時になったら起こしてね」と冗談を言ってうとうとすると、本当にそれくらいの時間にお越しに来ます。
    偶然だと思うのですが、面白いので毎回そういって横になります。
    ちゃんと起こしてくれたときには
    「すごいね~ナナタ!(息子のニックネーム)」
    というと、得意満面になります。
    時々、気が付くと一緒に眠っているときがありますが、これはこれで癒されます。
    夜の授乳や、息子が寝静まってから用事を片付けるため、どうしても睡眠不足になりがちなので、こうやってちょっとずつでも睡眠がとれるのはありがたいことです。
  • 髪の毛を引っ張られないためには

    横になっていると、髪の毛をしょっちゅう引っ張られます。
    そこで、掛布団に後頭部をうずめて眠ると髪の毛が目に入りづらいせいかあまり引っ張られなくなりました。
    もう少し早めにやっておけばよかったなーと思う今日この頃です。
1

上へもどる