カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 生後2か月、おもちゃと会話する?
遊び・あやし

[0歳2ヶ月]生後2か月、おもちゃと会話する? [育児の体験談]

633人に読まれました
2015-08-31 00:08
生後8か月、封印されてしまった手作りのぬいぐるみ。
息子の初めてのお友達でした。

  • 生まれた時から一緒のひよこ

    入院中から息子の頭の横には、おばあちゃんの手作りのひよこのぬいぐるみがありました。
    息子をあやすときにはこのぬいぐるみと、アンパンマンのラトルを使ってあやしていましたが、ある日なんとなくこのぬいぐるみでお友達ごっこを始めてみました。
    毎日、ひよこを使って息子に話しかけるのです。
    声色を変えて、
    「おはよう、ナナタくん!今日も元気だね!」
    といった感じに。
    おもちゃを認識するようになったのは、生後50日付近でしたが、2か月に入る頃にはそうやって話しかけるとじっとひよこを見続けていました。
  • 忙しいときは吊り下げて

    メリーは買わなかった我が家。
    蛍光灯に例のひよこを吊り下げて揺らして遊んだりしていました。
    夕食の準備をしなくてはならないときなどは、そうやってぶら下げた状態で
    声色を変えながら息子に話しかけます。自分は料理をしながらです。
    そのうち、手を伸ばして叩いたり引っ張ったりするように。
  • 一生懸命話しかける

    そうこうしているうちに、私が話しかけるのを忘れていると、息子自らひよこに向かって呼びかけるように声を出すようになりました。
    その時の感動と言ったら、思わず動画にとってしまったほど。
    そのひよこも、月齢が上がるにつれ口に入れたり引っ張ったりでボロボロになってしまい、抜け落ちた毛糸で軽く喉を詰まらせてしまったこともあり、今では透明のボンゴの中に封印。
    もう、おもちゃとおしゃべりする光景もあまり見られなくなり、ちょっとさみしい今日この頃です。
1

上へもどる