カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 心拍が弱まってきてしまって、助産師さんにお腹を押されながらの分娩
出産

[40w]心拍が弱まってきてしまって、助産師さんにお腹を押されながらの分娩 [妊娠・出産の体験談]

185人に読まれました
2015-04-03 17:49
前駆陣痛はちょこちょこあって、予定日迫ってきて予兆が何もなくて焦り始めていたら、前日の夜中におしるしがありました。
おしるしがきたので、「もう少しだ!!」とドキドキし始めました。その夜は張りが強めだったと思います
  • なんか生理痛みたいなおもーい感じだな~とか思ってたらちょこちょこ痛みに波がでてきた。感覚を測ると多少バラツキはあったけど約10分感覚でした。
  • 18日
    23:55頃
    トイレでおしるしあり。
    もうそろそろだ!ということで
    階段昇降20往復。

    19日
    17:30頃~
    約10分感覚なので病院へ電話をすると、お風呂に入って入院準備をしてきてくださいとのこと。旦那に連絡をして、旦那が実家へ来るまでお風呂に入って入院準備をして待つ。
  • 21:00頃~
    病院到着。だんだん強くなる陣痛との戦いの始まり。時計を見てもなかなか針が進んでいなくて、陣痛で痛いのに「まだこんな時間かよ!!」と思っていた。でもだんだん間隔も狭まり、痛みも強くなるに連れて時間を気にする余裕も無くなっていった

    20日
    0時頃
    先生の内診で破水。陣痛の痛みが破水前と違い、一気に痛みが来る
  • 1:30頃
    子宮口が全開に。いきんでいいよ!と言われる。でも体力がもたなくてなかなかいきめず。

    3:20頃
    体力がもたなくてなかなかいきめず、その間に赤ちゃんの心拍が弱まってきてしまったので、助産師さんにお腹を押されながらの分娩。このときはすごいいきめた。
0

妊娠40w前後の体験談

上へもどる