カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ベビー用品 >
  4. おくるみが活躍しました!
ベビー用品

[0歳1ヶ月]おくるみが活躍しました! [育児の体験談]

405人に読まれました
2015-09-02 00:00
息子はとにかく産まれる前から、足をジタバタするタイプでした。

胎動はどんどん強くて、夜中に何度も起こされるほど。
産後は病院のココット(新生児用ベッド)の中でも、ジタバタしすぎてあたまのてっぺんをココットの壁にぶつけていました。

なので、赤ちゃんに全く慣れていなかった私は抱っこが一苦労。
産前のイメージでは、赤ちゃんがすっぽり私の腕の中に包まれてスヤスヤ
…とか思ってたけど
現実はなんだか落ち着かなく手足もぞもぞした息子を必死で抱える私。
あやしてもなにしてもぐずぐず…。

そんな私を見て、助産師さんがおくるみのアドバイスをくれました。
赤ちゃんはもともとお腹の中で、手足を体に寄せて丸くなってあたたかい羊水につつまれています。
なので、産まれてすぐでも手足が体に密着していたり、何かに包まれているほうが
安心していられるとのこと。

抱っこが上手でない私は、少し不安な体制にさせていたのかもしれません。
きっちり手足をくるむ方法もあるようですが、とりあえずは私は自分がだっこもしやすいように正方形のおくるみ用の布で軽くつつんであげることにしました。
病院ではバスタオルをお借りしてつつんでいました。

するととっても抱きやすい!
初めはちょっとじょうずに巻けなくて、ごそごそしたけど、次第に自分で抱きやすい感じに
巻けるようになりました。
足も冷えないし、なにより息子自身が落ち着いて抱かれてくれました。

抱っこで眠ってしまった時も、そのままおろしても包まれる安心感があるのか
起きてばかりでしたが、ぐっすり眠ってくれることもありました。

また、赤ちゃんを抱き慣れていない人に抱いてもらう時に一枚巻いているだけで
結構抱きやすかったみたいです。

結局2ヶ月になるかならないかあたりまで、毎日使用していました!



1

上へもどる