カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 第二子出産記録② ~あれ…陣痛おさまった…?~
出産

[39w]第二子出産記録② ~あれ…陣痛おさまった…?~ [妊娠・出産の体験談]

981人に読まれました
2015-09-02 09:40
第二子である娘を出産した時の事を振り返ろうと思います。この時は途中で陣痛がおさまってしまって私も周りも「アレ?」といった感じでした。

朝の4時に腰が割れるような陣痛がきて産院に向かいました。子宮口も5cmほど開いていたので、このままお産が進むんだろうなぁと私も周りも思っていた朝方。しかし、なんと空が明るくなるにつれて陣痛がどんどんおさまってきてしまいました。前回は痛みでまったく食べられなかった朝ごはんも、今回はNHK連続テレビ小説をみながらペロリと完食。そのころには普通に立って歩けるほどでした。助産師さんも「陣痛おさまったみたいだねぇ」と首をかしげていました。主人の母が心配して連絡をくれましたが「ええと、あの、陣痛おさまっちゃったみたいで……」と答えるしかありませんでした。


  • こい、陣痛!

    「子宮口が5cm開いてるので、自宅に帰るよりここで様子をみましょう」と先生に言われて引き続き陣痛室で待機になりました。母と息子もたびたび様子を見に来てくれて、一緒に廊下を歩いたり階段を上り下りしたりしました。一人の時も病室を出て歩き回ったりして動きましたが一向に陣痛はきません。仕事が休みだった姉もきてくれて一緒にお昼ご飯を食べました。「赤ちゃんはのんびりやさんだね~」「気紛れだね~」なんてのんきに会話をしながら食べたのを覚えています。朝方は痛みに耐えながら生む覚悟を決めていただけに、肩透かしをくらった気分でした。

1

妊娠39w前後の体験談

上へもどる