カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 冷凍した離乳食の解凍の仕方とは
離乳食

[0歳5ヶ月]冷凍した離乳食の解凍の仕方とは [育児の体験談]

822人に読まれました
2015-09-02 23:02
冷凍した離乳食の解凍に失敗した事ってありませんか。
量が少ないので解凍時間が長すぎて離乳食が固くなってしまったり、冷凍した事で水っぽくなったり。
けどコツさえ掴めれば離乳食の解凍も上手にできるようになるんですよ。

そもそも冷凍庫は温度が低いために湿度が低いのです。
つまり食材は乾燥状態にあるのです。
っその為に解凍したらぱさぱさになって固くなってしまう事があると言うわけです。

これにどう対応するかと言うと水を少し入れればいいのです。
乾燥してぱさぱさになってしまったのなら水分を足そうと言う単純な事です。

凍らしておいた離乳食を耐熱皿にいれて(耐熱容器にいれて冷凍したならそのまま)、水をスプーンなどで少しだけ足してチンすればいいのです。

また冷凍庫で凍らせておいた離乳食を室温で解凍しようとすると水っぽくなってしまいますよね。
離乳食後期なら固めに冷凍する事で防げたりしますが初期はドロドロにしないといけないので無理です。
水っぽくなるとおいしさも半減してしまうので、
おいしさを保つ為に凍った離乳食の解凍方法に工夫しましょう。
解凍は自然解凍は避けて
食べる直前に解凍するようにしましょう。

レンジでの解凍は、レンジに冷凍した離乳食を容器に入れて途中で何度か見ながら加熱しすぎないようにします。
一気に加熱すると離乳食の量が少ない為に過熱しすぎてしまうのです。

出汁やスープを凍らせている時は沸騰した鍋に入れて急速に解凍します。
そしてそのままだしとして使うのです。
一気に解凍する事でうまみ成分を逃がしません。

1回でも解凍すると再解凍はしない方がいいです。
味も落ちますし鮮度も落ちます。
赤ちゃんに負担の無い様に新鮮なものを食べさせてあげましょう。
1

上へもどる