カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 親も戸惑う幼稚園と小学校の温度差
保育園・施設

[6歳]親も戸惑う幼稚園と小学校の温度差 [育児の体験談]

608人に読まれました
2015-09-03 10:45
長女が入学前に思ったことは、「幼稚園のような手厚い支援がなーーい!!」でした。

まずこの温度差で私は、戸惑いました。

今では、小学校はこういうものだと、わかるので、今年の4月に長男が入学しましたが、初めてのお母さんはとても心配していました。
私がわかる範囲で小学校の話をし、温度差は仕方ないことだけど、しっかりやってくれるから大丈夫だよと、話しました。

初めての小学校入学を経験するのは子供だけではなく、お母さんたちもそうなんですよね。

長男の入学で偉そうに、ママさん友達に話した私ですが、そんな私も初めての入学の時は、幼稚園と小学校の先生の温度差に、不安と戸惑いを抱かずにはいられませんでした。
何か冷たさを感じたのです。幼稚園がいかに子供をみていてくれたのかが、わかりました。

いざ、入学式を迎えます。

3週間前までは親が送迎をしていた幼稚園児。

ところが入学した途端、一人で登下校。

初めのうちは、方面別に分かれて、先生たちが途中まで付いてきてくれるけれど、長女の学校は3日で終わりました。

これも学校によります。次女や長男の行っている学校はGW前までは、来てくれました。

長女の登下校がそんな感じでしたので、ますます不安です。でもいざ本格的に学校が始まると、やっぱりピカピカ1年生なんですよね(^^)
先生の対応の仕方も、丁寧に一からしっかり教えてくれるんですね。

幼稚園で何から何まで先生が見ていてくれるのとは違い、冷たくかんじたこともあります。でも、それは小学校だからこそのことで、それが、子供が大きくなった証拠なんですね。

みんなへメッセージやアドバイス

小学生ですから、勉強や遊び、行事、それから6年生までいる大規模集団・・・。違って当然だったわけです。

ちょっと先の話ですが、知っておくと心構えになるかな、と思い書かせていただきました。
1

妊娠6歳前後の体験談

上へもどる