カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 行事 >
  4. 三人のランドセル選びの「悩みと困った」
行事

[5歳]三人のランドセル選びの「悩みと困った」 [育児の体験談]

680人に読まれました
2015-09-03 11:13
年長さんになると、いよいよ小学校が見えてきます。
1年生といえばランドセルですね。ランドセル選びは、子供の楽しみでもあり、親である私たちの楽しみでもあります。

最近は色はもちろんのこと、ランドセルに綺麗な刺繍や使い勝手の良さなど、私の子供の頃とは全然違って、多種多様です。あまりにあるので、選ぶのも迷ってしまう程です。

うちの3人の子供の中で、親である私たちが悩みに悩んだ子は、やはり長女でした。

ランドセル選びも初めてでしたので、長女にはランドセルの色の要望を聞き、メーカーは私と夫で考えました。ランドセルのメーカーは本当にたくさんあって、とても悩みました。
幼稚園からもらうカタログを見ては悩み、ネットを見ては悩み・・・。

そして、最終的に夫が使っているバッグや財布のメーカーがいいのではないか、となりました。

夫自身が使ってみて良かったらしく、作りもいいからと、ランドセルのメーカー選びは、そこに決まりました。その時の夫はとても嬉しそうにしていました。

そして、カタログを送ってもらい、色見本を長女に見せてすぐに、赤とピンクが混ざった「ローズピンク」に決まりました。

 次女の時も、同じメーカーにするつもりでしたが、欲しいと言われたパステルブルーを、そのメーカーでは扱ってなかったのです。そのため、私がお店に行って、パステルブルーのランドセルを全部棚から下ろし、ランドセルの隅々まで吟味し、「ふわりぃ」に決めました。


そして、三人目のランドセル選びが、「悩む」のではなく「困った」だったのです。

おそらくこどもチャレンジのコラショというキャラクターの影響かと思うのですが、「ランドセルの色はどうする?」と年中さんくらいの時に長男に聞きました。すると、

「赤!!」

と速攻で答えが返ってきました。

これは困ったぞ、さすがに赤はないな~と。
小学校に通ってる間に、「赤はヤダ!」と言われても困りますし、また本人がお友達から色々言われて、嫌な気持ちになるのもかわいそうです。

かと言って、勝手に私たちが決めて、いざランドセルが目の前に来た時に、「僕これ使わない」と言われても困ります。

仕方ないので、男の子が選びそうなランドセルのカタログを色々見せましたが、どれもこれも息子のおメガネにかなったものは出てきません。

ところが夏休みに、たまたま家族で買い物に行きました。そしてエスカレーターを降りたその先に、ランドセルコーナーが息子の目に飛び込んだのです。

そして

「僕、茶色がいいーー!!」

と言って、そのランドセルに向かって走って行きました。

頑なに「赤がいい」と言っていた長男。

あっけないほど、赤から茶色に変わりました。私たちとしては、心から良かったと思い、メーカーは、長女とおなじところに決めました。

すぐにネットで調べると茶色が残り僅かではありませんか!!すぐに電話をし、茶色のランドセルは何とか押さえられました。

ところが、ランドセルの届け日が3月初旬と言われました。
驚きました。

こんなに時間がかかるんだ、と。それでも入学式までには間に合うので、楽しみは本当に最後になりました。
ところが、2月に入った時です。向こうのトラブルでランドセルが3月はじめに届かないと連絡が来たのです。ようやくうちに届いたのは3月下旬で、本当にギリギリでした。

そして、ランドセルが届き、みんなで開けるのを見ました。そして息子の目の前に現れた茶色のランドセル。

「やったーー!!ぼくのランドセルだー。」と、とても喜んでいました。今までは、遊びでお姉ちゃんのランドセルをせおっていたから、なお更だったのかもしれません。

上のお姉ちゃんたちもとても嬉しそうにしていました。

みんなへメッセージやアドバイス

初めての長女の時にランドセル選びはとても慎重でしたが、やはり使っていくうちに、ランドセルの扱いも雑になったり、帰ってきてもその辺に置きっ放しだったりと、あれだけ悩んだランドセルも、使い始めればこうなるんだな、と学んでいました。

長女と次女は3歳違いなので、次女と長男のランドセル選びは、吟味はしたものの、こちらもランドセルの行く末が見えているので、悩みに悩むことはありませんでした。

でも、3個もランドセル選びをさせてもらったことは、とてもありがたいことだな、と本当に思っています。

また、ランドセルが届くまでは、意外と時間がかかることが今回わかりました。欲しいランドセルがある方は、早めに動くといいと思います。



2

妊娠5歳前後の体験談

上へもどる