カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 身近な物で、竹とんぼ風
遊び・あやし

[6歳]身近な物で、竹とんぼ風 [育児の体験談]

428人に読まれました
2015-09-03 11:22
身近にあるもので、意外とおもちゃが作れるんですね~。

暑かったり、雨だったりで、外に出れない時や、今日はなにして遊ぼうかと時間を持て余した時などに、お子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

そのおもちゃとは、私たち世代でも「懐かしい」と思うよりは、昔遊びに近いものです。
幼稚園時代に息子が「竹とんぼ(風)」を作って来ました。

実際に竹を使った竹とんぼではないのですが・・・。
ご紹介したいと思います。

材料は①縦15cm~16cm横4~5cmくらいの厚紙(わざわざ買わなくても厚みのある箱でもOK)
   
   ②ストロー 一本

   ③デコるための色ペン
   
   ④テープ
 

作り方

①写真のような形にまず紙を切る。

②切った厚紙に好きなようにデコる。(うちのは、美的センスがないのでこんな感じですが)

③その紙の中心にストローが刺さるくらいの丸い穴を開ける。

③ストローの先に5mmくらいの長さで、3箇所切り込みを入れる。

④丸く開けた穴にストローを刺し、切り込みを入れた先を広げる。

⑤そして表裏ともに、テープでとめる。

これで完成です!!

こんな紙竹とんぼですが、飛ばしてみると、意外と飛ぶんです。

長女や次女も、やってみるとこぞってどれだけ飛んだか、競っていました。また、子供たちだけではなく、私も夫も「すごーい!!これ飛ぶじゃーん」」と言いながら楽しく飛ばして遊んでいました。


みんなへメッセージやアドバイス

工作が苦手な息子が作った竹とんぼ風が、また家族で楽しめる思い出の一つになりました。


1

妊娠6歳前後の体験談

上へもどる