カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 出産に向けてマタニティエアロビクスに挑戦!
妊娠後期(8ヵ月以降)

[34w]出産に向けてマタニティエアロビクスに挑戦! [妊娠・出産の体験談]

5231人に読まれました
2015-05-04 11:40
34週に入り、正規産まであと少しとなりました。
私の体重増加の指摘と、適度な運動を取り入れることを指導されたため、この週からマタニティエアロビクスに挑戦してみることにしました。
  • 小さく生んで・・・・は夢でした

    私の通っていた産院では、2800g前後での出産を推奨していました。
    母体の体重増加は、胎児の巨大化のみならず、産道に脂肪が付き難産になりやすいという話を初期の母親教室のころからことあるごとにされていました。
    産院でお話しする機会があったママさん方の中には、「カロリー指導」という赤いスタンプを押されている方も。
    赤いスタンプにおびえながら、ついに34週を迎えたわけですが母体の体重は緩やかな増加。息子はこの時点で2300g・・・。ここの所2週間で400gずつの増加を見せている我が子。もはや2800gで出産は無理そうです。
    写真は34週の我が子。手で顔を覆っています。
    生まれてきた今でも、このしぐさをします。
  • こんなに動いてよかったとは・・・!!

    中期より1日2時間以上のお散歩をほぼ毎日しておりましたが、それだけでは運動量は足りず母親教室で知り合ったママさんのお誘いで、マタニティエアロビクスに挑戦してみることにしました。
    私が参加したマタニティエアロビクスは、いつもの産院が主催しているもので産院のホールで行われているものでした。出産間際まで特に運動制限をされてない妊婦であれば参加できるエアロビクス。参加者は6か月~10か月のママさんと幅広くいらっしゃいました。
    私も9カ月ですが、こんなお腹の大きな妊婦が行うのですから、そんなにハードなものではないだろう・・・と思っていたら、予想以上にハードで、妊婦ってこんなに動いてもいいの!?と驚きが隠せませんでした。
    実のところ、誘われていったのでなければ2回目はなかっただろうというしんどさでした。
    雰囲気的には「カー@ィダンス」も「メラメラカー@ィ」に似ています。

みんなへメッセージやアドバイス

後期母親教室で知り合ったママさんのお話では、1回目の出産でほとんど運動をしなかったらとても難産だったそうで、今回挑む2回目の出産では安定期に入ってからマタニティスイミングに週2回、エアロビクスは週1回通っているという方がおられました。
また、1日2時間毎日歩いて、分娩室に入ったら30分で出産できたママさんもいらっしゃり、妊婦だからと言って慎重になりすぎるよりも適切に運動を取り入れたほうが良いことがうかがえます。そういう自分はどうかというと、結構頑張っていたつもりでしたが難産でした。やっぱり安定期に入ってすぐに、エアロビクスをしておくべきだったか・・・?と分娩台で思ったくらいです。
0

妊娠34w前後の体験談

上へもどる