カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 臨月突入!出産までの体重管理と足のむくみ
妊娠後期(8ヵ月以降)

[36w]臨月突入!出産までの体重管理と足のむくみ [妊娠・出産の体験談]

24655人に読まれました
2016-02-19 15:32
臨月最初の検診です。
いよいよいつ生まれてきてもおかしくない状態に突入しました。
ラストスパートに入ったものの、体重増加とちょっとしたトラブルが続きます。
ついに、食生活を変えて乗り切ることに。
  • 出産までのスケジュール

    私が通っていた産院では、2800g前後での出産を推奨していたわけですが、36週にして我が子は2800gに到達。前回から2週間で500g増加という勢いに。
    いつもの検診のあと、出産までのスケジュールを説明されました。
    次回の検診ではノンストレステストとグリグリ内診(卵膜を軽く指ではがし、陣痛を促す)を行うとのことでした。
    写真は子宮の壁から離れ、割と実物に近い感じで映ってくれていた我が子。
  • 体重管理は食事制限で頑張る

    ラストスパートに入ったものの、マタニティエアロビクス、長時間のお散歩の甲斐なく母体の体重指摘をされ、ついに食事を改めることに。
    今まで母親教室で習ったメニューや量で過ごし、特に暴食、間食しているわけでもなかったのですが、それに加え運動しても効果がないので、炭水化物を少なめにし代わりにジャガイモを食べることにしました。
    イモ類なので糖質が高いかと思いきや、意外とそうでもなく腹持ちもいいしお通じにも効果的です。
    朝食、昼食は通常通りにとり、夕食はジャガイモを含めた温野菜をメインとしたボウルいっぱいのサラダで過ごしました。
    おかげで以後、体重に対する指導はなくなりましたがご飯がたっぷり食べらないのがつらかったです。
  • 妊娠中毒症?足のむくみ

    自分の人生、足がむくんだことが片手で数えられるくらいしかなく、今回自分の足の甲がブヨブヨしだし型がくっきりついているのを見てぎょっとしました。また、湿疹が出だしかゆくてなつけない日も。保湿剤をしっかり塗り、ガーゼで覆って掻かないように過ごしました。
    また、血圧も低い目の私でしたが突発的に160になったりする日も現れ、妊娠中毒症を疑いました。
    検診の際相談したところ、特に異常はなく疲れや食べ物の影響では?とのことで、塩分を極力避ける生活に切り替えました。

みんなへメッセージやアドバイス

ここにきて気の緩みから、体重がどーんと増える方が増えるらしく、妊娠中毒症を併発してしまうケースもあるから気を付けるように、検診の度に聞かされました。
さらにストイックな生活を強いられることもありますが、安産のため!我が子のため!頑張りましょうね!
1

妊娠36w前後の体験談

上へもどる