カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. グリグリ内診とNST◇産院での陣痛促進メニュー
妊娠後期(8ヵ月以降)

[37w]グリグリ内診とNST◇産院での陣痛促進メニュー [妊娠・出産の体験談]

30515人に読まれました
2016-03-15 17:44
37週からは「今日生んでもいい」と言わんばかりの状態に。
恐怖のグリグリ内診、NST、子宮頸管熟化注射と産院での陣痛促進メニューが始まります。
  • 恐怖のグリグリ内診

    ママ友さんの間でも話題になっていた「グリグリ内診」。
    いわゆる子宮の壁と卵膜を人為的にはがす内診ですが、相当に痛いと聞かされていました。
    早速内診台に上がり、診察が始まります。
    カーテンで先生の顔が見えないようにされていますが、カーテンの向こう側から助産師さんが「楽にしてね~!!ラマーズ法で痛みを逃して」「ヒッヒフーよ!」と次々に声をかけてくれるので、集中できず思ったより痛みを感じないで済みました。
    グリグリ内診後は出血や、褐色のおりものが続くとのことでしたが、出血はその時だけで、それ以降は今までと変わらない感じでした。
  • 子宮頸管熟化注射

    私の通っていた産院では子宮頸管熟化注射を週3回うけ、子宮頸管を柔らかくする方針のようでした。
    この注射は病院によっては行わないところもあるようです。
    私は今回1度打ちましたが、心なしか気分が悪くなったので以後は受けないようにさせてもらいました。しかしながら、出産時なかなか子宮口が広がらず大変な思いをしたので、多少気分が悪くなるくらいなら受けておけばよかった・・・と分娩台の上で思いました。
  • NST

    NSTでは我が子は最初からずっと寝ており、お腹の張りもなく胎動もあまりしてくれなかったため時間延長をすることに。
    その間に子宮熟化注射を打つことになり、注射の痛みで私がびくっとしたせいか、我が子も目をさましてくれました。
    その後タイミング悪く、しゃっくりを始める我が子。
    お腹が張った時の状態も見ておきたいので、ということでおっぱいマッサージをするように言われました。
    胎児の心拍音がBGMになり、思いがけずリラックスしてしまいました。

みんなへメッセージやアドバイス

グリグリ内診は痛いと聞きますが、私は今回から出産時を含め通算3回受けたところ、聞いてたよりは痛いと思いませんでした。あまり構えず、とにかく体の力を抜くのが一番です。
2

妊娠37w前後の体験談

上へもどる