カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 妊娠してから調べたこと①
お金・各種制度

[21w]妊娠してから調べたこと① [妊娠・出産の体験談]

3516人に読まれました
2015-09-08 22:00
初めての妊娠で、嬉しさと同時に不安な気持ちも増えますよね。
私が初めての妊娠から今まで調べてきたことをまとめてみました。
初マタさんの参考になればと◎
  • 妊娠届け、母子手帳、母子手帳別冊

    妊娠が確認できれば病院側から「次回の検診までに母子手帳と別冊を用意してください」と言われると思います。

    自分の住んでいる市のホームページで、妊娠の届け出について調べ、妊娠届けを出しに行きましょう。
    案内に沿って届け出を出せば母子手帳と母子手帳別冊が貰えます。

    母子手帳別冊とは各市区町村からの助成金ですので、お金だと思って大事に扱いましょう。(1枚約5000円はします!)

    また、母子手帳を貰いに行くと各自治体から妊娠&出産に嬉しい商品を無料でもらえることもあります。
    私の自治体では沐浴セット、おむつ、ベビー用品の割引券などを貰えました♪
    こうして妊娠を祝ってもらえるととても嬉しいですね。
  • 出産育児一時金って?

    次に調べたのは出産育児一時金というものです。
    なにもわからなかった私にはとても難しい単語に感じました…。

    出産育児一時金とは、被保険者(被扶養者)が出産した時に支給される助成金です。産科医療補償制度に加入している医療機関での出産であれば、1児につき42万円が支給されます。

    支払いには種類があり、直接支払い制度、受取代理制度などがあげられます。
    詳しく調べたい方は「出産育児一時金」で調べてみましょう。

    私は、夫婦ともに貯金があまりない事もあり、直接支払い制度を受けるつもりです。各家庭によってどの制度が一番良いか、パートナーとよく話し合いながら決めましょう。


    出産をするのにかかる分娩&入院費用は病院によってとても差があります。40万円から、60万円を超える事もあるとか。
    いざ産まれるとなったときに一時金の42万円が有るのと無いのとでは大分違いますね。

    私は里帰り出産をするので地域の産科を調べてみました。
    結果、自分の実家の隣の市にある助産院が、出産育児一時金の42万円におさまるということでそちらで産むことに決めました。
    病院の出産費用もしっかり確認しておきましょう。

みんなへメッセージやアドバイス

ここでは母子手帳と出産育児一時金について私の経験と調べて分かった事をまとめてみました。初めての妊娠、わからない事だらけですがしっかり調べて出産に備えましょう。
1

妊娠21w前後の体験談

上へもどる