カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 私にママ友ができたプロセス③
ママの悩み

[2歳]私にママ友ができたプロセス③ [育児の体験談]

238人に読まれました
2015-09-09 17:53
下の子を連れて上の子のクラブに参加する。
2人分準備して出かけるのは、大変でした。
それでも、ほぼ毎回、頑張って参加していました。
下の子を連れている、これがポイントでした。

2歳児のお母さんたちから、下の子はとても可愛がられました。
2歳児母からみると、下の子はちょっと懐かしい感じのサイズだったのです。
それがきっかけで話しかけてもらえましたし、2人の子どもも面倒を見てもらえました。
みんなが助けてくれました。
とても有り難かったです。

また、2歳児になると活動もよりアクティブになってきて、誰かが何かを企画し、それに誘ってもらい一緒に遊んだりもしました。
下の子を連れていても、それができました。
楽しかったからです。
2歳児クラブの半年で、友達は随分増えました。

しかし、3歳児クラブになると、また様相は変化します。
また、社会復帰組が現れるのです。

3歳になると、保育料も下がり保育所の空きも若干増えてきます。
そこで、仕事を始めるお母さんが出てきます。
クラブへの参加者が減ってしまいました。

それでもクラブへの参加を続けました。
下の子も成長して、後半になると一緒に参加できる企画も出てきて、楽しむことができました。
他にも下の子が生まれたり、下の子連れで参加する人もいたりして、友達の幅も広がりました。
このまま、近所の幼稚園に上がって、ずっと一緒に成長していくのかな、と思っていました。

ところが。
私の夫の実家に戻る事になってしまいました。
せっかくママ友もできて、毎日充実していたのに、とても残念でした。

それでも、新しい土地でも、こうやって友達を作った経験は、糧となって今の友達付き合いにつながっています。
大人になって、学校や会社といったしがらみのない状態で友達を作る事は、確かに大変なことだし、無理してしなくてもいい事かもしれません。
でも、せっかく「子ども」という確実な共通の話題があるのだから、一緒に子育ての苦楽を共にする仲間を作ってみたらいいと思います。
1

妊娠2歳前後の体験談

上へもどる