カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. ベビーマッサージ
遊び・あやし

[0歳3ヶ月]ベビーマッサージ [育児の体験談]

439人に読まれました
2015-09-09 20:43
出産した産院でベビーマッサージの教室をやっていたので、試しに参加してみる事にしました。ベビーマッサージは親子の絆を深めるのと同時に、夜泣きやぐずり対策、赤ちゃんの自立神経の発達など様々な効果があります。
  • ベビーマッサージに通える月齢

    生後2ヶ月〜ハイハイの時期の赤ちゃんまで参加できます。上の子が2ヶ月になってすぐベビーマッサージに通い始めたのですが。2ヶ月で体調を崩して入院となっていたので、ステップ2までの間が空きました。

    あまり空きすぎると早い子では6ヶ月〜ハイハイが始まってしまうので、お天気と赤ちゃんの機嫌を見ながら連れて行くと良いでしょう。
    うつぶせになって、手をブラブラ〜とやったりするマッサージもあるので赤ちゃんの首が座ってからがいいと思います。
  • ベビーマッサージの流れ

    金額は、オイルとシーツ代込みで700円程です。3ステップに分かれていて、上半身、下半身、全身(上半身と下半身の通し)というような感じになっていて、復習をしながらベビーマッサージを習得する事ができます。

    歌を歌いながら、赤ちゃんのマッサージをします。眠かったり機嫌がいい時ばかりでは無いので、結構泣いている赤ちゃんの方が多かったです。
    子供があまりに泣いている時があったのですが、保育士さんが泣き止ませるのに外に連れ出してくれて、人形でベビーマッサージをしました。

    通っていたベビーマッサージで使っていたオイルは、ホホバオイルという物です。ちょっと高額だったので、自宅にあったオリーブオイルでも代用できるようです。
  • 自宅で実践

    自宅で、ベビーマッサージを実践してみました。やるタイミングは、お風呂上がりのオムツを履かせる前にタオルの上でやりました。
    後はオイルをつけずに、寝る前のオムツ変えの際です。冬場は赤ちゃんの手足が冷えているので、ベビーマッサージは役に立ちました。

    簡単にできるマッサージとして、赤ちゃんは常に手をにぎっている状態なので「ぎゅっぎゅっぎゅ〜」と歌いながら手の指を1本づつ開いてあげます。足が冷えている時のマッサージですと、赤ちゃんの足を上に持ち上げて、足を両手で包んで「しゅしゅしゅしゅしゅ〜」とふって、たまったリンパを足の付け根に流してあげます。

    YouTubeの動画などで、ベビーマッサージと検索した方が分かりやすいです。

    ベビーマッサージ教室では騒いでいた我が子も、毎日の日課としているうちに気持ち良さそうにしていました。

みんなへメッセージやアドバイス

自宅にあったベビーオイルでやってみたのですが、赤ちゃんがかぶれてしまいました。ベビーマッサージの先生に相談すると、ベビーオイルは少なからず石油が入っているので使わない方がいいとの事。極力使う際は、耳掃除などの部分的使う方が良いみたいです。ベビーにも使えるというベビーオイルでトラブルが起きるとは思ってもいませんでした。
1

上へもどる